武器人間 アクションホラー。

アクションホラー。
『羊たちの沈黙』『ムカデ人間』を彷彿させる。
武器人間なんて素晴らしいタイトルなんでしょうか。
この作品を店頭で見かけた瞬間にレンタルする事が決まりました。
原題を直訳すると『フランケンシュタインの兵士たち』らしいですが、個人的にはこの『武器人間』の方が好き。
漫画ワンピースにブキブキの実を食べた能力者が出てきましたが、まさにそれ。
違うところは武器が取り換えられないと言うところで、ハズレの武器を付けられたらオシマイ。
撮影方法はここ何年かで流行っているPOV方式のモキュメンタリー映画(正確にはファウンド・フッテージって言うらしい)なので、手振れ感が半端ないです。
今までのPOVは平気だったんですが、今作のはちょっと嫌でした。
そんな『武器人間』ですが、前半は他のPOV映画同様に退屈なんですが、『武器人間』たちがでてきてからはテンションが上がりました。
撮影者、絶対にやられてるだろ!ってシーンがあったり、肝心の『武器人間』たちが思いの外弱かったり…と、残念な部分もありましたが、こういう作品を作ってくれただけでも個人的にはありがたい。
ちなみにグロテスクなシーンが満載で15Rなので、苦手な方は要注意。
出てきた『武器人間』たちをじっくり隅から隅まで観たいですね。観てて某プリン好きのマッドサイエンティストを思い出しました。
吹き替え版の声優はドラえもんの のびたとジャイアンとスネ夫ですw