パルス-回路 『回路』のハリウッド版リメイク

『回路』のハリウッド版リメイクということで借りてはみたものの、考えてみたら『回路』自体ほとんど記憶にないんですよね。

ということで、そっちとの比較はできませんが『リング』や『呪怨』といった、この分野での先駆者的作品と比べても、全ての部分において格下扱いなのは否めないかな。

この作品でもそうですけど、やっぱりこの分野でのハリウッド・リメイクは無理なんじゃないかと思ってしまいますね。

おそらく、日本人が求めるものとアメリカ人が求めるものは違うんじゃないかな〜。

あの日本版ホラー独特の、暗闇や沈黙によって作り出される鳥肌の立つような雰囲気はあっちではウケないんでしょうね…。

どうしても視覚的な恐怖やリアルを求めているように感じてしまうのは自分だけなんでしょうか?

この作品では、通信回路を介してあの世の住人たちがこちらの世界を侵略してくる。みたいな感じになってますが、最終的に1つの町だけかよって突っ込みたくなるようなオチで…なんだか拍子ぬけしてしまいました

これは映画全体を通してもなんですけどね。

確かに映像は、デジタル技術のすごさを感じさせてくれるものになってたんだけど、映画自体のつくりはかなり雑な印象を受けたし。

何かを伝えたい、何かを感じてほしいといった印象は全く受けなかったかな〜…かといって、派手に魅せてくれるといった作品でもなかったしな〜。

映画を見終わった後の『余韻』というものが全くといっていい程ない作品でした