呪怨 指の隙間が怖くなる

とにかく、隙間という物が怖くなりました。

何気なく鏡の隙間からのぞく背後の暗い部分など、そういう部分につい目をやってしまう・・・

そんな気持ちにさせられました。

最初は妊娠中に見ようとしたのですが、もう観たという人に、

「これは妊娠中にはお勧めしないよ・・・」

と言われてしまったので、出産後しばらくしてからようやく見ることができました。

この映画を見た後は、しばらく指の間から向こう側を除く気分にはなれませんでした。

黒い眼の、裸の子供が見えてしまうような気がして。

日本のホラー物独特の、静かで湿度の高い感じのする恐怖です。

主人公に実際に危害を加えられているというシーンが、実は少ないということに気が付いたのは、観終わってから随分経ってからでした。

それでもこれだけの恐怖感があるというのは、良いと思います。

ただ単に、血やグロテスクな映像で驚かせて、悲鳴でキャーキャー騒ぐだけのアメリカ的なホラーとは違った感じの余韻も楽しむことができました。

主人公の前に、彼らが現れてきた意味なども考えると、なかなか奥深いストーリーなのかもと考えさせられる部分もあります。

全体的に薄暗い画面の中で、いつの間にかいる亡霊たちの影には、やはり恐怖とともに悲しい物も感じさせます。

世界中でヒットしたといわれ、続編も沢山出てきましたが、やっぱり一番観ててホラー的な楽しさを感じさせるのは、この第一作目の『呪怨』なのではないかな、と改めて思います。