【8/19】真夏の夜の夢【俳句の日!】

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

【8/19】真夏の夜の夢【俳句の日!】

wallpaper:814

某月某日、某所に於いて刺殺体が発見された。

第一発見者は当時7歳の少女であり、

信じられないほどの可愛らしい笑顔を神様から与えられていたその女の子は、

私の友人の娘さんであって、

nextpage

そうしてこの体験によって残念ながらあの笑顔は、

彼女の心のどこか深くに、

信じられないほどの深くに沈んでしまった。

人間とはどのような動物か、

学ぶにはあまりに幼すぎたのだ。

nextpage

遺体は某県在住29歳会社員の女性。

盆に帰省した際の独り歩きの夜道を通り魔に襲われ、

腹及び胸を集中的に腕や脚、脊椎や臀部そして顔など全身を包丁で計68ヵ所刺されており、

nextpage

犯行現場近くの民家前に設置されていた花壇のブロックで頭部を潰されて頭蓋に穴が空き、

それによって露出した脳には13匹の蝉が埋め込まれていた。

nextpage

徒歩5分のコンビニへ牛乳を買いに行ったはずが手ぶらで帰ってきた娘の報せを受けて、

父親が先ず単身で現場に出向き損壊された遺体を確認。

nextpage

警察に通報してパトカーが到着するまでのあいだ、

彼は産まれて初めて聴く音に耳を支配されていた。

人間の脳に刺さった蝉の、

どこまでも高らかな鳴き声だ。

nextpage

wallpaper:138

case1:犯人

金魚など

真菜板で屠り

流す宵

nextpage

月の浮き

根拠不明の

殺意在り

nextpage

浴びて酒

造り悪しきの

酔いに映え

nextpage

項垂れて

髪切虫の

羽根毟る

nextpage

懐に

刃を隠したる

新聞紙

nextpage

獰猛の

辿り着きたる

裏路地は

nextpage

wallpaper:717

case2:被害者

盂蘭盆会

終えて抱きぬ

宵の雲

nextpage

独り道

蜩を踏み

迫りしは

nextpage

はらわたに

差し挟まれし

風ぬるし

nextpage

地にて血の

踊太鼓を

聴きしかば

nextpage

暑さ失く

送り火の影

解夏の刻

nextpage

走馬燈

世を憐れむも

哀れかよ

nextpage

wallpaper:541

case3:第一発見者

笑みの子よ

夕凪に浮き

逞しき

nextpage

冷蔵庫

届かぬ手にて

求めしは

nextpage

冷える胸

慣れた道とて

送れども

nextpage

帰りしは

逞しき笑み

失せし君

nextpage

鳴き散らす

蝉が居たとて

泣き散りし

nextpage

wallpaper:3261

犯人は自称自営業44歳の男。

住居である2階建て一軒家の2階にはミイラ化した母親の遺体が放置されており、

認知症の父親はベランダで暮らしていた。

nextpage

1階浴室では腐乱した遺体が発見されたのだが、

その全身は緑色のペンキで塗りあげられていた。

身元の判明が出来る状態ではなかったが、推定では十代女性である。

nextpage

裁判では証拠不十分で余罪が追及されず責任能力が争点とされたが、

判決は懲役12年。

nextpage

「なぜ遺体の頭部に蝉を挿入したのか」

裁判で問われた際に、男はこう応えた。

「素晴らしい俳句が浮かびましてね、

メモしておいたんです」

Normal
コメント怖い
2
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信