短編2
  • 表示切替
  • 使い方

自室での体験談5

六回目の投稿です!宜しくお願いします!

今さっき、午前10時頃だったと思います!

その観た夢なんですけど、寝ていると、枕左側に、スライムの様な、不定形な生首が二人、暴言を吐きながら、身体を動かせ無い様に、する不思議な力で、襲ってきました!

凄く怖くて、怖くて仕方なかったのですが、だんだん意識が、とうのいていきました。

其の後直ぐ、何処かの場所に有る四角形の広い部屋というか、白い仕切りの有る、人が沢山居る感じでは無い、こ綺麗な場所に場面が変わっていました。

その四角い広い部屋の、部屋の入り口から入って、真っ直ぐ行った、角の一つ目の辺りに、いきなり立っていて、のちに、時計回りに、その部屋を移動するのですが、さっきの自室に居た、不定形な、二人の生首が、ほとんど重さの無い感じで、その部屋に来た途端、上から体に、乗ってきて、また暴言を吐きながら、しばらくは、殴っても、何も効きませんでした。

その生首を、ひつこく殴って居ると、その生首二人は、消えていきました。

その部屋の二つ目の角の辺りから、四人の女性の話し声が聞こえたので、一つ目の角から、二つ目の部屋の角迄、歩いて、行ってみると、誰も居ませんでした。

小さなコンロの有る台所の様な、場所で、その前迄来ると、その声は、壁の上の方に、付いて居る、換気扇の直ぐ外から、聞こえていました。

夢なので、変なのですが、壁を突き抜けるパワーの様なモノを、送ると、換気扇の直ぐ外で、四人の女性の話し声が、聞こえました。

何これ?凄く気持ち良い!と四人の、それぞれの声が、聞こえて、何か言ってました。(夢なので、意味がわかりません!)

そして、そこから、部屋の三つ目の角に、向かうのですが、そこには、女性が、四人立って居て、さらに近付くと、姿がすうっと、消えて、四人が居た辺りの、四ヶ所の場所を、順番に、手をかざしてみると、誰もいないのに、四人の女性の声だけが、それぞれ時間を、ずらした感じで、聞こえました。

何この気持ち良い力!凄いねえ!何これ凄い!何?気持ち良い!と、四人の声だけが、聞こえてきました。

すると直ぐ夢から、目が覚めて、さっきの不定形な、生首二人は、部屋から、跡形も無く消えていました。

Normal
コメント怖い
00
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ