短編2
  • 表示切替
  • 使い方

車窓から

 済まさなければならない用事があって、私は北陸に向かった。

 片道四時間余りの道のりである。高松から快速マリンライナーに乗り、岡山、京都間をひかりで、京都に着くと特急サンダーバードに乗り換えた。

 目的の場所に着いたときには正午近くになっていた。

 用事は思ったよりも早く済んだ。五時間後には帰路につくことが出来た。

 しかし、せっかく北陸まで来たのだ。

 少しだけ街を歩いてみることにした。

     ●

 一軒の寿司屋を見つけた。

 中に入った。清潔な木の香り。左にカウンター席。通路を挟んだ右側が小さな座敷になっていた。

 そこに一組の客がいた。老年の男達の集まり。

 カウンター席に座って注文した。

「どちらから来られました?」

 そう聞かれた。大きな鞄のせいだ。

「高松です」

「出張?」

「そんなところです」

 父方の叔父が、少し名の知れた文芸評論家だった。その叔父が亡くなり、蔵書の鑑定を頼まれた。古書の鑑定、或いは、その売買が私の仕事なのだ。

 と、

 店の片隅に、子猫が──。段ボール箱に入れられている。

「今朝、店の前に捨てられていたんですよ」

 同時に寿司が出された。

「これは何?」

 赤身の隣に、見た感じ、ヒラメみたいなのがあった。

「アラレガコです。なかなか手に入りませんよ」

「アラレガコ?」

「産卵のとき、白いお腹を上にして、冬、あられに打たれながら川を下るところから、そんな名前になったということです。カジカ科の淡水魚で──」

 そのとき、

「あんた高松の人か?」

 座敷の老人から声をかけられた。

「そうですが?」

「かまたまを食べたことあるか?」

「え。ええ。美味しいですよ」

「そうか……。わしも生きてるうちに食べたかった」

「ああ。わしもだ」

 何だか不思議な彼らの会話だった。

 寿司を食べ終えた。ひと口お茶を啜ってから、

「あの猫──」

「分かってます。よかった。飼って頂けるんですね」

     ●

 ふと目を覚ました。電車の中で眠りこんでしまっていた。

 子猫は鞄の中。ちゃんと息が出来るようにしてある。

 それにしても旨い寿司だったな。

 いや……違うぞ……。

 寿司屋の軒先に置かれた段ボール箱の中に子猫を見つけた。

 抱き上げたとき、私は入口の張り紙に気がついた。

 店主急逝のため閉店致しました。

 長らくの御愛顧を、ありがとうございました。

 中に入ってさえなかった……。

 アラレガコ、だったっけ……。今日まで知らなかった……。

 窓の外を眺めた。

 あれは子猫を拾った礼だったのかもしれないな……。

 鞄から微かな鳴声が。

 夜が沈殿を始めている──。

Normal
コメント怖い
3
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ロビンさん。読んで下さってありがとう。
下ネタホラーとしては不完全燃焼。残念です。くりが残ります。

返信

みなさん読んで下さってありがトゥース!
少しずつ、みなさんの作品も読んでいきます。

やれ打つな はえが手をする あそこする

返信
表示
ネタバレ注意
返信