【1976年】イラン空軍追跡事件

ストロボのごとく青、緑、赤、オレンジにまたたく強烈な光で、本体の形や大きささえ把握させないUFOが出現、イランのF4ファントム戦闘機を機能停止にし、ミサイルを不能にさせた。1976年9月19日、王制時代のイランを震撼させた事件である。
日付が変わって間もない深夜、首都テヘランの上空に謎の物体がいると住民たちから通報を受け、シャーロキー空軍基地からF4ファントム戦闘機が緊急発進した。ところが、発光する物体の46キロ以内まで近づくと、計器や通信機器が故障。何とか基地に戻ろうと帰路につくと、全機能が回復した。これを受け2機目のF4が発進したが、やはり46キロまで近づくと、今度はUFOが離れていき50キロの距離を維持しようとした。
パイロットのジャファリ中尉は激しい閃光に悩まされながらも、UFOから小さな円形物体が飛び出し、猛スピードで迫ってくるのを見て、ミサイル発射を試みた。その途端に操作パネルが故障して通信も不能となったため、旋回と急降下で退避。距離が離れるとF4の機能は回復したが、UFOに小物体が戻ると、今度は別の小物体が飛び出して地上に軟着陸したという。
UFO本体が音速の数倍で去るのを見て、ジャファリ大尉はF4機をメヘラバッド空港に着陸させた。その際も、あるエリアでは電波障害や通信遮断が発生し、さらには機の上方から管制塔の上へと飛んで行く別のUFOを目撃。こちらは両端から青い光を放つ円筒形の物体で管制塔の電子機能まで一時的にマヒさせている。
この一件についてイラン政府発行の新聞は否定的な内容の記事を掲載したが、事件の詳細はアメリカの極秘文書から明らかになった。当時のイランは親米国であり、駐留米軍から本国に送られた電文が機密解除されたのだ。国防情報局はこれを価値が高く潜在的に有用な情報を認め、傑出したUFO報告とまで書き込んでいる。

閲覧数コメント怖い
76600
  • コメント
  • 他の投稿