青森県弘前市の岩木山という山のふもとにかつて、あるホテル施設が存在した。
今は廃墟となっているが当時は「厳鬼山温泉」という温泉を擁する宿泊施設だったという。
その後そのホテルは廃業し、ある医療法人がその建物を施設ごと買い取り、医療施設として運営されたという。
その医療施設名が「スペース21」だったという。

現在は完全な廃墟となっていて辺りに人家などは無く夜にもなると真っ暗で非常に不気味な存在といえる。
そのスペース21という廃墟は心霊スポットとしても有名なのである。

この建物がまだ宿泊施設として運営されていた時に、当時のオーナが経営不振を苦にして自殺してしまったという噂がある。
上記の通り、その後は医療施設として運営されていたのが、自殺したオーナーの幽霊が出ると評判になりなり、いつかし医療施設としても運営は破綻、現在のような廃墟の状態になっているという事である。

さらに一度は建物の解体作業が行われようと工事の着工も行われたのが、原因不明の奇怪な事故が相次いで、工事は頓挫、現在のような状況に至るそうである。

現在では自殺したオーナの霊だけでなく解体工事の事故などで亡くなったと言われる作業員の霊も出るとの噂もある。

周りに人家も無く、夜ともなると非常にさびれた寂しい雰囲気の場所に位置する廃墟。
このような場所には霊は集まりやすいという。
自殺したオーナーの霊を始め、医療施設だった頃にこの施設で亡くなった患者もオーナーの霊に引き寄せられてこの地に留まっているのかもしれない。解体工事で事故死したと言われる作業員の霊もまた然りである。
しかもその後は完全に打ち捨てられた廃墟のため除霊のような事は一切行われずに放置されたままである。
ある意味霊が集まる場所としては非常に理想的な環境といえるかもしれない。
そして一度霊が一か所に集まりだすとそこへはどんどん集まりやすくなるという傾向は非常に強いとされる。
スペース21はそのような、ある意味において好条件を満たした典型的な霊の集まる心霊スポットといえるだろう。

現在のスペース21は、立ち入り禁止の看板などは無く、立ち入ろうと思えば簡単に入る事が出来る建物である。
周囲には人家などなく、街灯も極端に少ないので屋上から見える夜空は絶景であるとしても有名。
建物内は完全に朽ち果てて廃墟となっており、心霊スポットとして以外でも廃墟マニアからも非常に有名な場所でもある。

建物内の荒れ方は非常に雑然とされていて、プロの解体業者が行ったものとは思えない荒れ方をしている。
おそらく興味本位で訪れた見物人たちの仕業だと思われる。
この荒れ放題の室内は心霊現象目的で夜に訪れた見物人にさらに恐怖を感じさせる景色として非常に強いインパクトを放っている。

建物は大きく本館と別館に別れていて、本館の二階部分にあるという浴室と、別館の奥まったところにある部屋で幽霊を見たという目撃証言が多いようです。
噂ではその別館の奥まった部屋で当時のオーナーは自殺を図ったという事です。

本館二階の浴室部分は解体作業中に作業員が原因不明の不審な事故に遭って命を落とした場所という噂もあります。

とにかくこの二か所がスペース21での非常に危険な個所という事になるでしょう。
もし興味本位で訪れる場合はこの情報を踏まえておきたい。

また不確かな情報ではあるが、この場所のすぐ近くの県道沿いに、スペース21の案内を占めす古い看板が立てられていたという情報もあるようだ。

青森県弘前市百沢Unnamed Road
40.686321
140.355169
閲覧数コメント怖い
32400
  • レポート
  • スポットを探す