オカルト・イエレン”野人”の真相

オカルト・イエレン”野人”の真相

オカルトや都市伝説などでよく出てくる野人ですがこれは中国で実際に見つかったとされており実際には人間と野人との間に生まれた未確認生物として大きな話題を呼びそれは世界にも及んで1957年の9月に中国で身長はなんと、1.5mにも及ぶ当然だが普通の人間の倍はあり手も大きく毛深い女性が殺されて発見されたという報告も受けている。

この専門調査隊の会長によると、未確認生物の類人猿の部類され手足だけ切られて博物館では保存されている。それからというもの、実際に見つかった時の動画等が動画で見つかっておりその後も中国ではいろんな人から野人を発見したと報告もあり
実際には、人を襲ったりした事があるという記録も残っているため実在していたかもという説が流れていますが、現代ではそういった情報は耳にする事はなく中国でこういった人を見つけた森や林でも森林伐採が行われているため既に絶滅している可能性もあるとされていますが、この野人が見つかった当時は既に手足がミイラ化されている状態で発見されたため実在はしており足のサイズは何と30~45cmもあると言われています。

中国のみならずこの存在はアメリカでも発見はされていますが他にも中国では、顔または頭だけの超巨大な野人みたいなのが浜から上げられて捕獲されたり、他にも発見された中で、糞や体毛なども多数見つかっているため、実在していた可能性は高いといえます。
ただ、野人と人間が共存しそして子供を設ける事ができるのかという疑問点が沸いてくるため、もしかしたら公開されている野人という動画ももしかしたら普通の人間から生まれてきてたまたまそれが野人とされ、実は単なる人であり障害者として生まれ何らかの影響を受けこういう風に大きくなったのかもしれないという声も多数出てきており、公開された動画などを見た人は実際には毛深いといわれているのに、毛深くはないなどの発見をしているため、現代ではこの未確認生物が実在するかどうかも定かではなくなってきています。

ですが人類がこの存在を忘れた頃に再び復活し、我々の元に来るのが未確認生物の特徴になるため、今後もきっと何処かでいつかこの生物が発見され話題を呼ぶかもしれませんし、中国では今でもなお、数々のイエレンが発見されており人間にとどまらず今度は動物も自然現象として話題を呼んでおり、子豚が子供を8匹産んでそのうちの1匹が猿の顔を持って産まれたなど、何かしらの障害や影響によって存在している小さな動物たちのイエレンは現在でも存在はしています。
そのため、これ等がどういう過程で生まれてきたかという事はいまだ分かってはいませんが日本でもいつかは存在するのかもしれません。中国のみならずアメリカや各国ではイエレンや何らかの影響で変な形に生まれた生き物なども確認はされていてイエレンだけではなく、各国では雪男までもいるかもしれないという事で話題を呼んで実際の映像はありませんが、音声だけが残っているという話もあるため、この野人も今では世界の森や林、または海の何処かで存在して密かに生きているかもしれませんが、人間には消して姿を見せないのが未確認生物の特徴です。
イレメンの他にもUFOなどはメキシコで月に何千件以上もの目撃しているという報告もあるため、イレメンの派遣や目撃報告も世界の何処かでおこるという事もあり得る可能性もあります。

閲覧数コメント怖い
4,69800
  • コメント
  • 他の投稿