河童と相撲を取りかけた男の話

祖母が、自分の母親から聞いた話。

祖母の母親(以下、曾祖母)が小さい頃なので、今から百年ほど前の話。
曾祖母の生家は、和歌山の市ノ瀬村(今の上富田町市ノ瀬)の、川沿いの集落にあった。
ある晩、曾祖母の家に、息を切らして同じ村の男が駆け込んできた。
男は青い顔で、
「そこの道でゴウラボシ(河童)と相撲を取ることになった。申し訳ないが、仏さんのご飯を食わせてくれ」と頼み込んだ。
母親も、こりゃ一大事と、仏壇から仏飯を持ってくるように曾祖母に言いつけた。
男は水で流し込むように仏飯を飲み込むと、よしっと帯を締め直し、家から出て行った。
男を心配したのか、母親と兄達がしばらくして様子を見に行った。

やがて戻ってきて母親が言うには、男は一人で誰かと話をしたり、相撲を取る真似をしていたそうだ。
母親が声をかけると、男はこう話した。
待っていたゴウラどもと、お互いに約束を取り付け、「さあ来い」とにらみ合った。
しかし不意にゴウラどもが、
「どうにもお前の目が光って怖い。今日は止めにしよう」
と怖じ気づいたようになって、残らず川の中に逃げていってしまった。
誰もいなかったと言う母親に、男が「それなら提灯でその辺を照らしてみろ」と言うのでそのとおりにすると、周りには水鳥のような足跡が確かにたくさん残っていたそうだ。
残念ながら、曾祖母は怖くてその足跡を見に行けなかったらしい。

祖母が曾祖母から聞いた話として、私に教えてくれた昔話です。
私は小さい頃にこの話を聞いたのですが、後になって、同じような話が全国的に残っていることを知りました。 とても興味深いと思います。

コメント怖い
0
4
  • コメント
  • 他の投稿