ケープコッド・クリーチャー

ケープコッド・クリーチャー

ケープコッド・クリーチャーとはアメリカ合衆国マサチューセッツ州の東部に位置するケープコッドの浜辺で発見された未確認水棲生物である。2012年5月31日の朝方にケープコッドの浜辺の近くを通りすぎだ人物が浜辺に打つ上げられていた謎の魚の死骸を見つけた報告されたことが最初の目撃証言だとされている。その時に確認されたケープコッド・クリーチャーは全長が約180cm(6フィート)で蛇のようにすらっと長いからだの上下を繋がった薄いひれの様なものがついていたとされている。口は横に大きく裂けていて、その中にはノコギリのような細かい歯がびっしり並んでいたと言う。発見したときはカラスがその死骸に群がっていたことと、全身に砂が付着していたことから体色やうろこの有無などの細かい特徴までは記録されていない。第一発見者はケーピコッド・クリーチャーの横にオールを置き、体長と比較した写真を動物学者であるローレン・コールマン博士の元へと送ったが、死骸を持ち帰っていなかったためDNA鑑定などはしていない。
コールマン博士の見解は、ケープコッド・クリーチャーはハダカエソ科のミズウオダマシという魚に外見的特長が似ていることから、同じ種類の魚ではないかと言うものである。しかし、体の太さや厚み、そして歯の大きさの違いから違う生物ではないかと言う見方も数多く存在する。また、このケープコッド・クリーチャーが浜辺に打ち上げられているのが報告された時期と同じタイミングで大量のイルカがケープコッドの浜辺に打ち上げられると言う現象が発生した。同年の5月10日の時点で回収されたイルカの数は185頭にも及び、この現象がケープコッド・クリーチャーの突然の出現と関係があるのではないかと唱える科学者も多い。しかし、水質調査などの様々な調査を行い、イルカの大量死の研究が行われたがついには真相を解明するには至らなかった。それに加え、目撃証言がその時期を境に途絶えたこともありケーピコッド・クリーチャーに対しての調査は滞っている。

閲覧数コメント怖い
33900
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ