UMA講義第5回「サハリン・モフ・モンスター」

UMA講義第5回「サハリン・モフ・モンスター」

第5回はお隣ロシアに漂着したUMAを紹介したいと思います。

2015年夏、サハリン西部シャフチョルスク空港近くの海岸に、毛に覆われた謎の生物が漂着しました。
専門家は糸上藻類をまとったイルカだとしていますが、私の意見は違います。
もしこれがイルカだとしたならば、首部分が細長すぎるんです。さらに、この生物の頭部はハクジラに似ていますが、歯が見当たりません。
第一、口吻の形状がイルカとは違い、あんな骨の曲がり方もしません。
サハリン・モフ・モンスターは、イルカとは全く別の生物でしょう。その正体は水棲UMAキャディである可能性が高いんです。

ではまた、、。

閲覧数コメント怖い
2,15010
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ

サハリン・モフ・モンスターの正体に関してご意見がありましたら、どうぞ、このコメント欄にお書きください。