UMA講義第6回「ドラゴン」

UMA講義第6回「ドラゴン」

(写真はアメリカ、ワサッチ山脈の洞穴にて。)

第6回のテーマは伝説のモンスター、ドラゴンです。

古くから目撃されている怪物、ドラゴンの正体を2つ紹介しましょう。

1.角のある魚竜
キルギスのイシク・クル湖で骨が発見され、同時に全身の撮影にも成功している。口先に突起があり、これが龍におけるヒゲの可能性がある。三蔵法師も記録している。

2.コエルロサウラヴィスの進化
コエルロサウラヴィスは翼竜の祖先とされている。腕以外で、肋骨と繋がっていない翼がある。また、翼竜とドラゴンには尾の先端が菱形であるなど、奇妙な一致がある。このためコエルロサウラヴィスが翼竜とドラゴンに分かれて進化した可能性がある。

上に添付した写真は洞穴で撮影された2だと思われます。

2012年にはアメリカ・ペンシルバニア州で全長6m程のドラゴンが目撃される等、ドラゴンが実在している可能性は高いでしょう。

それでは、また。。

閲覧数コメント怖い
2,83800
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ