ライト・ビーイング

ライト・ビーイング

ライトビーイングとは直訳すれば「光っているもの」という意味になり、一般的にはUMAと超常現象の間にある現象だと言われているものだ。

ここではUMAとして取り扱うが、ライトビーイングとは妖精のような姿形をした発光体のことである。目撃箇所も世界中にあり、撮影に成功した例も多いという存在確率の高いUMAである。

ライトビーイングの特徴としては四肢のようなものが生えていたり、あるいは頭のようなものも付いている目撃例もある。このように生物のシルエットとして登場することの多いのがライトビーイングの特徴だ。

また心霊写真のようにうっすらと写っていたり、見ようによってはそう見える、というようなものでもなくはっきりとシルエットが写っている場合が多い。

またライトビーイングのもう一つの特徴は、撮影時に誰も気が付かないという点である。要するにカメラにのみ映るUMAで肉眼で目撃した例というのは非常に少ない。

このことからライトビーイングを否定する意見も多く「カメラの不調によるものではないか」といった意見がそのほとんどだ。実際、ライトビーイングが映り込むのはきまって夜や明かりの少ない場所を撮影しており、中にはフラッシュによって写り込んだ虫だったということも多くあり、何かの条件で起こるカメラの異常だとする説も頷けないわけではない。

しかしライトビーイングの存在を肯定する人の中には「発光体がない夜の森のなかでこんな発光体が写る理由がない」という意見もある。現在のところカメラにこういったかたちの現象は確認されていない。

動画などにもライトビーイングが映る場合があり、ライトビーイングは非常に有機的な動きを見せ、カメラの異常にしてはあまりにも連動しない動きが確認されており、フラッシュによる映り込みなどとも明らかに違うようだ。

ライトビーイングの正体については諸説あり、妖精や未知の生命体、あるいは異次元からやってきた何かではないかという説もある。また撮影されたものの中にはかなりの高度を飛行しているようなものもあり、異星人が送り込んだ生物ではないか?という意見も存在している。しかし、撮影した写真に写っているということだけではその正体を明らかにするのは難しい。

ライトビーイングの中には耳や手足など、非常にくっきりとしたシルエットのものも報告されており、複数枚にわたって映り込んでいる姿が確認できる。

このように撮影に成功したものの中には非常にくっきりとシルエットが分かるものもあり、妖精のようなものから大きな虫のようにみえるものまで、その姿は様々だ。

またライトビーイングを直接目視したという情報は非常に少ないが存在している。

その目撃例では複数のライトビーイング達が螺旋状に集まり、さらにその周りに螺旋状に組み合わさった状態のものを目撃したというのだ。写真に写っているものよりもかなり豪華だが、こうした目撃例などから考えても、ライトビーイングは単なる機器の故障とは考えにくい。

このように世界中に存在するライトビーイング現象だが、実際のところそれが機械の故障や勘違いなのか、あるいは発行する生物が存在するのかというのは今のところ不明である。

閲覧数コメント怖い
49500
  • コメント
  • 他の投稿
  • タグ