ターボばあちゃん

トンネル内を走っていると、突然窓を誰かに叩かれ、見ると自分の車と並走する老婆がこちらを見ているという話である。

ばあちゃんというのは一例であり、ばあさんやばばあなど地域によって呼び方は異なっている。

同じくターボも、ダッシュ、ジェットなどの変化が見られる。

また、男性の場合もあり、ターボじいちゃんなどと呼ばれる。基本的に無害で、走る以外の行動は取らない。

ただし、目が合ったドライバーは目を合わせたまま首が動かなくなり事故を起こして死んでしまうという話や速度勝負に負けた場合、首を刈られるなどの話もある。

バリエーションとして、高速道路をバイクで走行中に、気がつくとバスケットボールをドリブルしながら並走し、ボールをチェストパスで運転者に投げつけるバスケばあちゃんというのもある。

こちらは悪意があり、うっかり両手パスを受け取るとバイクが転倒し、無視してもボールをぶつけられて転倒し、どちらにしろライダーは死んでしまうのである。

閲覧数コメント怖い
3,51900
  • コメント
  • 他の投稿