作者の方が亡くなった日に放送されたドラえもん

作者の方が亡くなった日に放送されたドラえもん

ドラえもんのアニメにはいろんな秘密道具が登場し、時には感動的なお話しになっていることが多い。

そういったドラえもんの話の中でも都市伝説になっているストーリーがあるようだ。

それは作者の方が亡くなった日に放送されたというものだが、これは広く知られている都市伝説のようだ。

それはオープニングもなくいきなり始まると言われている。

そして、のび太が暗い背景の中をただ一人歩いている。

ドラえもんは登場しないようだが、その映像が続いた後、最後に振り向いたのび太が「いかなきゃ」と言って終わるようだ。

エンディングもないようだが有名な都市伝説になっているようだ。

また、もう1つ都市伝説はあるようで、それはスケッチブックを持ったのび太が白い階段を上っている。

そこを追いかけてきたドラえもんがもう行ってしまうんだねと言い、のび太が「いかなきゃ」と言うようだ。

のび太は作者のアニメのような姿となり、ドラえもんが「ありがとう」と作者が「こちらこそ」と言って終わると言われている。

これが作者の亡くなった日に放送されたっていうのは、あまりにも出来過ぎた話ではあるが、都市伝説として言われているのは見た人が非常に多いというのが関係しているようだ。

まさか作者が起こした奇跡なのかは分からないが、こんな感動的な話であれば信じてみたくもある都市伝説ではある。

実際、ネットではドラえもんの都市伝説と言えば、必ず出てくるものであり、非常に有名な都市伝説となっている。

閲覧数コメント怖い
14,5360
2
  • コメント
  • 他の投稿