東京タワーに隠されたトリック

東京タワーに隠されたトリック

東京タワーの高さは333mだということは、非常に有名な話だ。

特別展望台と呼ばれる特別料金を払って登る展望台の高さは、250mと記されており、日本一の展望台と呼ばれている。
しかしそれは現在のパンフレットの話で、昔配布されていたパンフレットには、225mと表記されていた。
そこにどのような都市伝説が隠されているのだろうか。

少し昔の話になるが、東京タワーの特別展望台は一般開放されておらず、現在も入場料金のみで入れる大展望台が、東京タワーにおける展望台であった。
その当時は高層ビルの建設ラッシュであったため、高さ125mであった大展望台では、満足に遠くが眺められないのではということで、225mの特別展望台が開放されたのだった。
しかし、そこですでに建設の話が進んでいた池袋にある「サンシャイン60」は、高さ225mであり、東京タワーが日本一の展望台であるという名誉を得ることは出来そうになかった。

そのため、東京タワーは立地の関係上少し小高い丘の上にあることを考慮し、海抜や標高の計測方法を取り入れ、現在のパンフレットに表記されている一般展望台150m、特別展望台250mと、
25mの水増しがされているのだ。

日本一の展望台を持つ東京タワー。高さ日本一というより、とんち日本一のようだ。

閲覧数コメント怖い
2,32100
  • コメント
  • 他の投稿