パンズ・ラビリンス また観たいと思わせてくれる映画

内戦が激しく、ゲリラ部隊が篭る山間部にやってきた一人の少女のお話です。

少女が一番最後に見る幻想が、凄く切ないんだぁ。

鳥肌が立ちました。

現実世界の苦しみから幻想に逃げる少女。

自分もそんな夢見がちなところがあるから、途中から彼女に感情移入しまくりでした。

試練を乗り越えるときのハラハラ感とか、現実での義父からの苦しみとか、ここまで映画に入り込んだのは初めてかもしれないくらい主人公に投影しちゃいました。

しかし、幻想とは言っても、その幻想がグロいのばかりで。

やっぱり現実が暗い世界を生きている子だから、幻想でも暗いものばかりになるのか、それとも彼女が好きな絵本がそういう暗い本だという設定なのかわからないのですが、暗いです。

そしてグロいです。

子どもが見るファンタジー映画ではありません。

R−12だしね。

戦争の話だけど、戦争がどうとかそういうメッセージ性はあまり受け取りませんでした。

たぶん現在の時間設定にしても、この物語は成立したと思うんですよね。

設定の差こそあれ、厳格な義父との確執に苦しむ少女の生き様として、充分に描けると思います。

ただラストが凄く良いので、そう考えるとこの時代設定で正解なのかもしれませんが。

とにかく誰もハッピーエンドにならないという私的に最高ポイントが押さえられているのでツボです。

ラブロマンスが苦手な私ですので、ぜひとも恋人と一緒に見たい映画です。

また観たいと思わせてくれる映画でした。