13日の金曜日 (2009年版) これぞエンタメ!

『13日の金曜日』、『ジェイソン』こそ知っているものの、実はちゃんと映画を観たことがありませんでした。

ある時、やはり一度は観てみたいと思ってレンタルしたのが2009年版のリメイク版でした。

オリジナルを観るつもりが間違えてレンタルしてしまい、登場人物のファッションが最近のものであるのに気付いて最初は戸惑いました。

しかし、内容はシリーズを知っていなくても満足でき、より他のシリーズも観てみたいと思えるものでした。

殺人ホラーですからジェイソンがいつ襲ってくるかとビクビクしたり、残虐な殺害シーンに顔を歪めさせられます。ただ、それだけではなく、笑えるシーンが多かったことが印象に残りました。

ざっくり内容を説明しますと若い男女グループがクリスタルレイクにやってきてジェイソンに殺されます。2つのグループが登場するのですが、まず、最初に登場するグループが殺されます。そのグループにいた女の子の兄が妹を探しに行く途中、別の若いグループと出会い、クリスタルレイクに向かうという筋書きです。

正直展開は読めますし、死亡フラグもわかりやすい。でもそれぐらい単純だからこそ、誰でも素直に楽しめます。

「アカン! 行ったら絶対殺される!」とニヤニヤしながら叫んでしまうことでしょう。

そして何といっても見どころなのは豊満ボディの美女たちがわんさか出てくるところ。しょっちゅうオッパイ丸出しです。そしてそんな美女たちこそむごい形でジェイソンに殺されてしまいます。時には笑ってしまう殺され方もあり、個人的にはクリスタルレイクで彼氏とオッパイ丸出しで遊んでいた女の子が殺されるシーンがマヌケ過ぎて好きです。これはもう、説明するよりぜひ観てほしいです!

そして、最後はまさかの展開で大爆笑させられました。

恐怖、驚き、エロ、笑いが詰まった作品でした。

『これぞエンタメ!』

日頃、ストレスを抱え苦しんでる方。『13日の金曜日』を観ましょう。

何もかも忘れさせてくれます。