キャリー 主人公のルックスが凄い

観た事なくても、話はみんな知っているタイプの映画の代表作です。

「いじめられっこの超能力者が騙されてブタを血を浴びせられ、ブチ切れてみんなを皆殺しにする」話なんだろうな、という認識でしたが、まったくそのまま、少しも揺るがない内容に、逆にビックリしました。

あと、ラストのビックリシーン!

そうか、これってキャリーのシーンだったっけ!と、なんだか得した気持ちになりました。

この映画をいまさら語っても、みんな同じ話をするだけになるので手短に書きますが、やっぱり主人公のルックスが凄い。

ザ・キャリー。

シャーロック・ホームズはジェレミー・ブレット、裸の大将は芦屋雁之助、そしてキャリーはシシー・スペイセク、これ一択です。

血塗れになって遂に「完全版」になるあたり、この映画のために生まれてきたとしか思えないほど完璧なのです。

あと、クライマックスの超能力暴走シーン。

デ・パルマ以外にはこんな風に絶対しないようなユニークなスタイルで、ここだけ何度も観たくなります。

イメージではもっと残酷だと思っていたら、意外にそうでもなかったのですが、でも強烈なのは間違いありません。

らしいと言えば、冒頭のシャワーシーン。

この映画には裸がそんなに必要?と思うのですが、物凄く時間を使ってネットリと描きます。

どうでもいいところで面白かったのが、いじめっこの一人がマリオのコスプレみたいな格好で登場し、その後赤い帽子だけは何があっても脱がないところです。

彼女が登場するたび、心の中で「スーパーマリオ登場」と思ってました。