28日後 予告編に引きつけられた作品

映画タイトル 28日後・・・

2002年に製作されたイギリス映画です。

ジャンル的にはウィルス感染ゾンビ映画。

こちらの映画は、映画館で迫力満点に鑑賞いたしました。

この映画の予告編がとてもインパクトがありました。まずは予告編から見てもらい、想像力を刺激してから鑑賞するのも面白いでしょう。

舞台はロンドン。

とある男性が交通事故にあってしまう。

彼は昏睡状態に陥るのですが、28日後・・・彼は目を覚まします。

しかし、そんな彼が目にしたものは、変わり果てた閑散とした街並み。

いったい何が起こったのか、困惑する彼。

彼は教会に入っていき・・・そこで目にしたものは。

彼が昏睡状態に陥っていた際、あるウィルスが流出。ウィルスに感染したものは凶暴化し次々と人を襲っていくのです。

不気味な雰囲気で、いつ何が飛び込んでくるかとドキドキハラハラします。

感染者達の足の速さに驚きです。

すごい勢いで駆けつけてくる緊張感。

感染者に見つからないように、隠れる緊迫感。などが伝わり、怖さ倍増でした。

人間のみに感染するのではないので、不気味なカラスの映像がとても目に焼き付く場面も。

この映画の面白いところは、エンディングが二種類あるところです。

希望が持てるエンディングと、そうでないエンディング。

もちろん二種類とも鑑賞することをおススメいたします。全く違ったラストです。

個人的には希望が持てるエンディングがやはり一番しっくりきましたが。

そして、この映画には続編があり、「28週後・・・」も、合わせて視聴するとより面白いかもしれません。 派手すぎるアクションもなく、独特の雰囲気が私的には大満足の映画でした。