ディセント 恐怖から逃げるか、立ち向かうか。立ち向かった女性たちの結末。

洞窟ものホラー、閉じ込められ系ホラーといわれる分野が好きな人にはお馴染みの映画「ディセント」。日本でも洞穴探検を趣味としている人がいますが、海外はもっとスケールが大きい洞穴探検があります。映画の舞台は、その洞穴です。
主人公はサラという女性ですが、交通事故で夫と子供を亡くしてしまいます。サラの友人たちはサラを元気づけようと洞穴探検に誘います。サラと同行するのは、洞穴で先導してくれるジュノ、姉妹のレベッカとサム、ホリー、ベス。女性ばかりの探検です。
ところが、洞窟でトラブルが発生。ベスが足を骨折してしまう、落盤する、閉じ込められるという状況で脱出することも助けを求めることもできません。ここで遭難時の知恵や装備が頼りなのですが、致命的だったのは先導役のジュノが入洞届を出していなかったことです。入山届や入洞届は義務化するべき!と痛感します。
外界からは彼女らが入洞したことを知らないわけで、結局は自力で脱出しなければならなくなりました。女性とはいえ洞窟探検するくらいですから体力はありますが、それが裏目に出る、洞窟という密閉空間と脱出への恐怖と不安、また過ちによるケガ人などアクシデントが山ほどです。
その上、洞窟には得体の知らない生物が!とここまでくれば逃げるか立ち向かうかの選択肢が重要になってきます。この映画の特徴は、アクシデントからの人間不信や、得体のしれない生物との闘い、しかも脱出できないかもしれない恐怖のトリプルカウンター。化け物相手にギャーギャー叫ぶだけがオンナじゃないのです。
生き残るためにとった彼女らの選択は実を結ぶのか?つい最後まで観てしまう作品ですが、気になるエンディングは解釈次第で賛否両論。このエンディングでなければ評価が変わったかも、というレビュー者が多いほどです。洞窟ですが、映像はそこそこキレイ。