短編1
  • 表示切替
  • 使い方

神様の怒り

これは僕が高校3年生の時に、現代社会を受け持って下さっていたT先生の話です。

T先生は相撲部の顧問で、自らも国体に出場するなど、実績のある方だった。

大学では、あの舞の海さんの先輩にあたるらしい。

そんなT先生が授業中に余談として話してくれた話・・・

先生は奄美大島の出身で、すごく自然が豊かな地域で育ったらしい。

そして家の裏手に小さな神社?祠?があった。

そこには御神木と呼ばれる木があった様だが、ヤンチャ坊主だった少年時代の先生は鎌を振り回し、神社の周りの草を刈って遊んでいた。

そうする内に誤って、御神木に一太刀入れてしまった。

その瞬間だった。

先生は両目を失明した。

まだ幼かった先生は訳も解らず、その場でわんわん泣いたらしい。

その泣き声を聞いて、お婆ちゃんが駆けつけてくれた。

事情を話すと、お婆ちゃんは直ぐに、村2つ程離れた祈祷師の所に連れていってくれた。

祈祷を終えて先生とお婆ちゃんと祈祷師の3名で神社に戻った。

神社にお供え物をし、神様に手を合わせた。

すると嘘の様に、さっきまで見えなかった両目が見える様になったらしいです。

追記ですが、先生は相撲の試合中に相手の動きがスローモションに見える様になり、小学校から大学まで2回しか負けなかったそうです。

そんな不思議な話でした。

怖い話投稿:ホラーテラー 現役探偵さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ