中編2
  • 表示切替
  • 使い方

雪合戦

「ふぅ…出来た!」

休日小学生だった俺達は、学校裏の雪山でカマクラを作っていた。

メンバーは俺、SチームとH、Aチーム。

少し離れたところにはH達のカマクラがあり、大袈裟に言えば雪合戦用に向き合ってそれぞれ要塞化していた。

.      壁

.      ↓

      ┏┓

  ┏━♀♀┛┃

入口→    ┃

  ┗━━━━┛

(分かりづらくてすみません。左右対称にあると思って下さい)

それぞれが完成すると雪玉を大量に作り、いよいよ決戦の火蓋が切って落とされる。俺達は壁に隠れながら熱き戦いを繰り広げるのだが、H達が玉切れをおこしたのか一向に姿が見えない。

チャンス!と踏んだ俺達は、ここぞとばかり集中砲火を喰らわすた。通常10㎝ほどの雪玉が、途中から特製の元気玉(勝手に命名)20㎝はある玉で壁を壊す作戦に切り替えた。

やがて壁が壊れ始めたので、俺は接近戦に持ち込もうと雪玉を手にカマクラから離れると、顔に雪玉が当たった。

H達が反撃してきたのか?と思っていると、Sが俺の上着を引っ張っている。

「どうしたS大佐!?」

すっかりテンション上がりきっていた俺とは裏腹に、Sは何か怯えているように指を差す。

「あいつ……誰?」

えっ?と俺はSが指差した方向を見ると、H達のカマクラの後ろ、つまり入口側に雪玉を持った小さな男の子が立っていた。

男の子の顔は真っ白(舞妓さんのように)で無表情。何より異様なのは氷点下の中半袖半ズボンと有り得ない格好。男の子はただ黙ってこちらを見ていた。

「あいつおかしいよ…この時期に……それに人間があんなに白い訳ないよな?」

いつの間にか現れた男の子、風貌といい恐怖にかられた俺は叫んだ。

「H!おいA!」

何度も呼びましたが返事がなく、男の子は相変わらず黙って見てる。

おかしい、H達はどうしたんだ?と思っていると、雪の中から手が見える。

「生き埋めになってんだ!!」

俺は叫ぶと一目散に飛び出すと、Sもそれに続き急いで雪をかき分けた。

幸い発見が早かった為、HとAはなんともなかった。

「苦しかった〜死ぬかと思った」

とHが口にする中、辺りを見渡すと男の子の姿がない。Hに話すも、そんな子は知らないと言っていた。

結局なんだったのか分からないが、俺達と遊びたかったんだろうと自分に言い聞かせた。

助けてもらった形のHは、男の子にユキオと名付けたのだが、名前が気に入らなかったのか?その後男の子が現れる事はなかった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ