短編1
  • 表示切替
  • 使い方

アドレス

ある日、見知らぬアドレスから一件メールが届いた。

題名はなかった気がする。

ただ、本文に短く

『元気?』

とだけ書かれてた

近頃、あまりメールもすることがなかったので、きっと知り合いがアドレス変えたんだろうと、軽いノリで返信をすることした。

「誰?」

『当ててみて〜』

相手もふざけているのか名乗らない。

少し不機嫌になりつつもなんとなく、こっちも乗り気になって、探偵気分で相手に質問していく。

「俺の家族は何人?」とか「昔のあだ名は?」とか…。家族構成はともかくあだ名とかはわりと変動するものだから、相手が自分といつから知り合いだったかとか、関係とかが推測できる…はずだった。

しかし、どんな質問をしようと、的確な回答がくる。知らないという事がコイツにはないように思えてくる。

まるでいつも俺を見ているかのように。

言い表しがたい不気味さを感じ、俺は震える指で最初と同じ質問を打ち込む。

「なんでしってんだよ!?」

数秒おき、携帯がメールを受信する。

恐る恐るメールを開封する

『何時モ君ヲ見テル

今モ見テル

ダッテ………』

『イツモ横ニイルカラ』

次の瞬間、部屋の壁が強く叩かれた

「…ほら、ね?」

怖い話投稿:ホラーテラー 貴方ノ隣さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
28500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ