短編1
  • 表示切替
  • 使い方

思い込み…

すいません、途切れてました。

最初に遊びに行こうと言ってたのはオマエなのに!

香織は薄ら笑いを浮かべPCを操作している。

消えろ!クソ女!!

香織には聞こえていないようだ。

幻聴…?或いはオレの本心が聞こえたのかも知れない…。

「香織さんとまだ続いてるとか?」

「別れるつもりで待ち合わせしたんだ。別れて良かったよ。」

大学時代によく見ていた明るい先輩の笑顔が戻った。

「あの後メールがきてな。」

私は悪くない。

悪いのは…

お人形ヲ送っておきますね。

「ってさ。」

先輩は苦笑いし、僕はげんなりした。

香織さんのその後は色々な噂が飛び交い定かではない。

、、、黼蠡麌、、、

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ