中編2
  • 表示切替
  • 使い方

新客

ある女の子の八歳の誕生日に悲劇が起こった。

強盗が入り、家族を殺し女の子を連れ去った。

女の子は、幸せから地獄に叩き落とされた。

毎日のように暴力を振るわれる。

そんな毎日は少しずつ、女の子から色々な物を削り取っていく……

五月蝿いと怒鳴られ、声を無くした。

家族の死と暴力が、笑顔を消した。

そして、十歳の誕生日。

泥酔した男に押さえ付けられ、子供心に何をされるか解り抵抗した。

男は泥酔していた為、予期せぬ抵抗にバランスを崩し、倒れ頭を打ち動かなくなった。

女の子は逃げ出した。

二年ぶりの外。

行く場所などない。

幸せだった時を思い出しながら、ただ歩く。

足が痛みを訴えても歩き続ける。

女の子は裸足だった。

疲れが限界に達し、足が悲鳴を上げ立ち止まる。

目の前には、不思議な店が在った。

何処か懐かしさを感じさせる外観と匂いに、女の子は吸い寄せられるように店のドアを開けた。

「いらっしゃいませ。これはまた、随分とお若い御客様ですね」

初老の老人が少し頭を下げた。

優しそうな顔と声に女の子は泣き出した。

一向に泣き止まない女の子に老人は目を細めた。

「これは困りましたね。では、面白いお話をしましょうか」

老人の不思議な話は女の子の心に響き、少しずつ涙を止めていく。

やがて、女の子の涙は止まり興味の相が浮かんでいた。

「やっと、涙が止まりましたね。申し遅れましたが、私はこの店の管理を勤めている者で、付喪(つくも)と申します。気軽に店主と、お呼び下さい」

「…………」

何かを言いかけた女の子は声が出なかった。

店主は目を細め頷いた。

「そうですか。御家族と声を無くされたのですね」

店主は女の子の過去を知ってるかのようだった。

少しの沈黙の後に、店主はゆっくりと語り出した。

まず会員の条件と特権。

次に、行く場所が無いなら此処に居てもいいと。

「さて、どうなさいますか?」

此処に居れば、無くした物を取り返せるという気持ちが湧き、女の子は頷いた。

「では、お名前を……」

女の子は再び泣き出した。

名前は大嫌いな物でしか無かった。

あの男に名前を呼ばれる時は、暴力を振るわれる合図のような物。

「すみません。軽率でしたね」

店主は深々と頭を下げ、新しい名前を付けてはどうかと提案した。

女の子は涙で濡れた顔で頷いた。

「では、凪(なぎ)というのは如何ですか? 凪とは貴方の名前とは反対の意味です」

女の子は新しい名前の響きに、生まれ変わったような気がして少しだけ微笑んだ。

不思議なお店と店主、そして凪の日々が始まった……

怖い話投稿:ホラーテラー 月凪さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ