短編2
  • 表示切替
  • 使い方

先輩体験談

はじめまして。

自分の先輩(A)の体験した話。

昔、仲間5人(B~F)と肝試しに行くことになったんよ。

場所はありきたりな、一家心中のあった家。時間も定番の丑三つ時。

その家に行くには、意外にも住宅地の中にあり、両隣や周りにも家があんねん。

心中があってから住んでる人あんま居らんけど、隣の一軒はまだ住んでるいう鋼の精神力の持ち主。

住宅地やし時間も遅いし、オレらは近くの空き地に車停めて静かに行ったんよ。

まだ事件あってから日浅くて、取り壊しもまだで、周りに立ち入り禁止!!的なテープだけ。

んまぁ、テープやし入れるよね??ってことで、玄関も開いてたし正面から堂々と。

ここでBとCが先頭。次に俺(以下A)とF。DとEは入り口で待機(ビビりw)

B「お前ら靴ぬげよ」

C「お前真面目かw」

A「とりあどっちから探索するよ?」

玄関入ったら二手に別れるかんじの家で右が風呂トイレ洗面所、左が居間、寝室とかがある構造。

F「俺トイレ」

BC「お前マジか!?」

A「そんな根性試しいらんw」

と、楽しんでるとふと、

B「てか洗面所に仏壇があるっておかしくね?普通あっちやんな」

C「なんか変やんなw」

A「まぁいいやん。こっちなんも無いし反対側行こや。F行くで」

F「了解!」

んで反対側に…

A「てか何も無いし、部屋はそのままやけどキレイやしおもんないな」

C「たしかにw帰る?」

とか言ってたらいきなり、隣の家の犬が吠えたらしいw

4人「ぬぉ!?」

と同時に地震が

4人「ふぇ!?」

A「なんやいきなり(汗)気味悪いな」

B「一回出てDとEと合流するか」

F「ほな出るか」

ズボ!!

C「床抜けたw助けて!」

A「笑てる場合か!早よ出るぞ揺れてるし」

んで一回外に出ることになって余震が収まるの待ってん。

D「中どやった?」

F「なんも無かった。洗面所に仏壇あるぐらい」

E「俺待ってるわ(汗」

D「俺も」

B「そろそろ揺れるん収まったし続き探索しに行くか」

A「行こ行こ。」

C「てか俺もトイレ行きたくなったw床抜けたときチビったしw」

F「アホかw」

てなかんじで、また4人で入ることになってん。

続きます。

関西弁が読みづらいのはご了承下さい。

怖い話投稿:ホラーテラー マルメンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ