中編2
  • 表示切替
  • 使い方

マク〇ナルド狂

俺の親父はマク〇ナルドが大好きで毎日一回はマク〇ナルドの商品を食わないと落ち着かない。

本人はいいんだが、それにつき合わされる俺達家族はたまったもんじゃない。

次第に一緒に食べに行くのを敬遠しだした家族の態度に、親父は不満げだった。

なぜ食わない?

俺と一緒は厭なのか?

違う、マク〇ナルドが厭なだけだ。

俺も母親も妹もはっきり親父にそう言った。その日一日親父はふさぎ込んでいた。

だが、親父は反省したわけではなかった。

日曜日の夜、明日の学校の支度をして、部屋の電気を消した。

妹は既に2段ベッドの上で寝息を立てていた。

俺は妹を起こさないように1段目のベッドに潜り込み目を閉じた。

しばらくして部屋のドアが開いた気配がした。

誰が入ってきたのかと、薄目を開けて見ると、ド〇ルドが立っていた。

ド〇ルドは俺が起きているのに気づいていないようで、ゆっくりとベッドの脇に近寄ってきた。

薄く開けた目と気配から、ド〇ルドが上の妹を起こそうとしている様子が分かった。

「グッナ〜イツ、ハハハハハハハ」

「ギィーーーーーーー」

ド〇ルドの陽気な笑い声、妹の悲鳴、思いきり揺れるベッド。

何かが上から飛び出して勉強机に激突した。倒れる机、散らばる文房具。

「なにやってるの!!」

ドアから母親の叫び声と息を呑む音が聞こえた。

部屋の電気をつけるド〇ルド。

その時初めて俺は、ド〇ルドの扮装をしているのが親父だと気が付いた。

親父の後ろ、床に倒れた机の下に、妹のピンクのパジャマと、トクトクと流れる血が見えた。

救急車が来た。

救急隊員は親父の格好を見て驚いた。

親父は興奮して救急隊員を殴った。

「あなたは家にいて」

叫ぶ母親を押しのけ、一緒に救急車に乗り込む親父。

集まった近所の人も何も言えなかった。

俺は1人、めちゃくちゃになったままの部屋にいた。

親父は俺達のマク〇ナルド嫌いを直そうとあんな真似をしたのだと、俺と母親に話した。

妹は床に敷いた布団の上にいた。

目を見開き、歯を食いしばり、手足を出鱈目に激しく振った。

「んーんーんー」

頭を打ち背骨を傷めた妹が布団の中で唸り声を上げた。

「おんぬぃぃちゅぁんんん」

可愛かった妹が僅か半年で別の生き物に変わってしまった。

母親は泣いた。

俺は黙った。

親父はグラタンコロッケバーガーを食べた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9732
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

親父…

グラコロ食べてる場合じゃねえよ…