短編1
  • 表示切替
  • 使い方

帰宅中の出来事

昨夜のことである。

家路に向かって歩いていると、前方で独り言を話す中年の男が一人・・・。一人で怒っている。

酔っているのかと思いきや

違うらしい。

追い抜いたりしたら絡まれるかな?なんて不安に思いながら横をササッと通り過ぎ、今度は背後から聞こえてくる独り言を聞いていた。  

どんな人なんだろうとチラッと振り返ったら、その中年男は居ない。 

途中に曲がり角なんてなかったのに、あれ?って思って前を向くと目の前に中年男が歩いていた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
20300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ