中編2
  • 表示切替
  • 使い方

見たな!!!

私は中1の13歳。

これは、小6の夏に体験した話です。

私は、夏休みに入り、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家へ行く事になりました。

6年ぶりに行くので、6年前に行った事など、覚えていませんでした。

おじいちゃん、おばあちゃんの家に着き、少し落ち着いた所で、私は田舎を散歩したくなり、 5時から夕飯の時間の6時までの間に、散歩をしてくる事にしました。

辛うじて電波がつながる所なので、ケータイを持ち、一応さいふとハンカチとリップを持って出かけました。

3分くらい歩くと、駄菓子屋みたいな所があり、私はお菓子食べようかなと思いい中に入ると、20代後半〜30代前半くらいの女性がいました。

女性は、こんなに暑い夏にも関わらず、厚着でした。

外に出る仕事じゃないし、日焼け対策には思えません。

女性「いらっしゃい。」

私は一礼して、確か、あめガムを6こ、コーラ味とソーダ味を買いました。

駄菓子屋を出ようとすると………

女性「見かけない子ね。遊びに来たの?」

私「え?はい。おばあちゃんの家に遊びに来てて…」

女性「そう…時間ある?少し話さない?」

私「あ…はい。」

私は女性の隣に緊張ぎみで座りました。

女性は、「今いくつ?」とか「何処から来たの?」とか質問してきました。

話してるうちにわかったのですが、女性は右手で左手の二の腕をずっと掴んでいました。

最初は、癖かと思いましたが、私には左の二の腕を守ろうとしているように見えました。

不思議に思いながらも、私はトイレに行きたくなり、かしてもらう事にしました。

トイレから出て、女性の所に戻ろうとすると…

なんと、最初から左手を放さなかった右手が放れています!

私は築かれないように、そっと女性の行動を見ていました。

女性は、冬にコートの下に着るような、暑そうなパーカを脱ぎ、Tシャツになりました。

「今まで暑かった」と言う思いが伝わってきました。

「だったら最初から脱げばいいじゃん」と思い、戻ろうとした時、ある事に気付きました。

左手に恐ろしい程おおきいあざがありました。

私は思わず腰をぬかして、尻もちをついてしまい、女性がこちらに気付きました。

女性「見たな!!!」

女性は狂ったように台所に行き、包丁を持って来ました。

そして私に近づき…

女性「殺されたくなかったら誰にも言うなよ」

私は無我夢中で何度も頷くと、靴を履き、全速力で逃げました。

皆さん、どうかこの話しは、誰にも話さないで下さい。

怖い話投稿:ホラーテラー あいさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
48800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ