短編1
  • 表示切替
  • 使い方

私がちっちゃいころ、近所の公園に大きい桜のきがあってね。

仲良しの友達と、その木に登ったり、いろいろ遊んでた。

んで、その仲良しの友達は3人なんだけど、一人が、その木に大人になったころ、今を思いだせるように、なんかあとを残そうよっていったの。

そんで3人でドライバーみたいなのをもってきてね、三人で将来の自分へメッセージみたいなのを書いたの。

それから2週間くらいあとに、木にあとをのこそうっていった3人の中の一人が、交通事故でなくなっちゃった。

それで、私ともうひとりは、すごいないて、何年後かに、桜の木のことをおもいだして、公園にいったのね。

そしたらその公園は、たてなおされて、学校になってたの。

それで、校庭の端のほうにあの木があって、そこにメッセージがまだ残ってたの。

それで、無くなった人のメッセージをみたのね、

そこには「2人とも、これからもよろしくね」って書いてあって、二人で号泣してました。

怖い話投稿:ホラーテラー 松さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ