短編1
  • 表示切替
  • 使い方

猫が化けた場合

古くより民間には、年経て妖怪となった猫が老婆などを喰い殺し、自分が老婆に化けていた、といったことが言い伝えられている。これもそういう話だ。

 年老いた母親をもつ男がいた。  老婆の振舞いは狂暴で、むごく人を痛めつけたりするのがしょっちゅうだったが、男にとっては母親、どうにも処置なく日を送っていた。

 それがあるとき、ふと猫の姿をあらわした。

 まぎれもない化け物である。『さては妖猫、わが母を喰い殺したな!』と、男は一刀のもとに斬り殺した。

 ところが、殺した猫の死骸が、母親の姿に戻ってしまった。

 男は驚愕し、

「たしかに猫だった。だから殺したのだが、このように母の姿に戻ってしまった。いまさら仕方がない。しなくてもいいことをして、天にも地にも許されない大罪を犯してしまった」

と、親しい人を呼んで話した。

「このうえは切腹するので、見届けていただきたい」

 友人はおしとどめた。

「死ぬのは簡単だが、まあしばらく待ちたまえ。猫や狐が人に化けて年月を経ると、たとえ死んでもすぐには本当の形をあらわさないものだ」

 そこで思いとどまって夜まで待つと、だんだんと正体があらわれ、母と見えたのは恐ろしい古猫の死骸であった。

 あわてて切腹したら、犬死となるところだったのである。

怖い話投稿:ホラーテラー 翁さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
33300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ