短編2
  • 表示切替
  • 使い方

インビジブル

これは10年ほど前、私の母の身に本当に起こった出来事である。

幽霊などは出てこないのであしからず。

当時私は実家に両親と共に暮らしていて、自室は二階だった。

ある日の深夜、階下が騒がしい気がしたのだが、私はそのまま寝てしまった。

翌朝憔悴した母の口から、恐ろしい話を聞くこととなる。

両親は布団を並べて寝ているのだが、母は突然激しい頭痛を感じ目を覚ました。

その痛みは凄まじく、文字通り頭が割れるようだったと言う。

そしてその痛みと共に、

ガリガリと何かを引っかくような大きな音が聞こえる。

あまりの痛みと騒音に母は悲鳴を上げ、父も目を覚ました。

母は頭痛と騒音をしきりに訴えるのだが、頭痛はともかく父にはその音は全く聞こえなかった。

しかし母の悶絶振りは激しく、思案した父は突然何かを思いついて懐中電灯を取り出した。

そして、騒音が聞こえると言う母の左耳の中を照らしたのだった。

そこには、奥へ奥へともぐりこもうとする黒い物体があった。

そう…。

母の耳にゴキブリが侵入していたのだった。

父は大急ぎでピンセットを取りに行き、

黒光りするその肢体を慎重に引きずり出した。

人間の耳などというわずかなスペースにどうやって入ったのかと感心するほど、やつは巨大だった。

補足された侵入者は父によってギロチンの刑に処されたが、翌朝私もその亡骸を見せてもらった。

ゆうに5cmはあったと思う。

それから当分の間、母が耳栓をして眠ったのは言うまでもない。

怖い話投稿:ホラーテラー 水蜜桃さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ