短編2
  • 表示切替
  • 使い方

申し送り

私は今みんなの空想にある[天国]という場所があることを教えたい

1938年に沖縄の南部のとあるところに生まれた。

そして、私は大きな.とても大きな[壁]にぶつかった。

[戦争]という名の壁に

私は戦場へ向かった。

本当は行きたくない。だが行かなければならない、生きるためには。

目の前で何人の人が死んでいっただろう。

わからない。

今、自分が生きている意味が分からなくなった。

[戦争]はそういう場所だ。

気付くと私は死んでいた。

そう、人は気付かぬうちにあっさりと死んでしまう。

もろい。

この言葉が一番似合う。

何もない。本当に何もない。

タダ真っ暗。

深海に落とされた感じがする。

どこからか声が聞こえる。

「今から地上へ行き10人の人を助けよ。そうすれば…」

最後の方はよく聞こえなかった。

気付くとまた別の場所にいた。

明るい。

どこだ?そう思いながら周りを見る。洋服を着ている人がいる。

なんなんだ?いつなんだ?

まぁいい。

10人助ければいい。そうすれば何かあるだろう。

辺りは暗くなった。夜だ。

人も少なくなった。

そう思っていると、大きな揺れを感じた。

でかい。地震か?

次々と建物が倒れてゆく。

必死で逃げた。

人とぶつかりそうになった。

やばい!そう思ったが遅かった。

ぶつかってしまった。

と思ったら痛くない。

なぜだ?

そうか死んだのか。

だからぶつからなかったのか。

自分で納得した。

なら、どうやって人を助ければよいのか?

わからない。

そう思いながら歩いていると、真正面から少し折れ曲がった電柱にぶつかった。

なんだ!?物にはぶつかるのか?

なるほど。

納得し、人の助け方をいろいろと考え実行した。

合計16人助けることができた。

17人目を助けようとするとまたあの暗い場所にもどった。

「よくやった。…」

なるほど。

私は納得した。

人を10人助けた代わりに生き返らせてやるということだ。

その方法は

人を1人殺す。

簡単だ。

自分でだれか1人を選び殺せばいいのだ。

だが私はまだだれも選んでいない。

なぜか?

それは自分が望ましい世の中じゃないからだ。

簡単なことだ。

自分の望んでいる世の中になれば私は生き返る。

もう少しで私の望んでいる世の中になる。

そのときは、

お前を選ぶかもしれない。

怖い話投稿:ホラーテラー 天国人さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ