中編5
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊の日常

ここは廃病院。

そして俺は ここに住み着いている幽霊。

もう10年くらいはいるかな。

何人か先住人がいたけど、みんないなくなってしまった。

成仏した奴もいるし、ここに面白半分で来た奴にくっついて行った奴もいる。

でもたいがいの幽霊達は、心霊スポットとして騒がしくなったこの場所に嫌気がさして離れていった。

今では俺一人だ。

だけど心霊スポットとしては健在らしく、月に何回かは肝試しに来る人間がいるから寂しくはない。

今夜もまた、お客さんが三人程やってきた。

まだ中学生くらいだろうか?

俺は別に驚かしたりはしない。

ただ『観察』するだけだ。

「ここがあの廃病院か……。嫌な雰囲気だな。」

「なんだよ、ビビったのかよ?」

「ビビってねーよ!なぁ、ビビってねーよなぁ!」

「いや、僕は怖いよ…。早く帰りたいし。」

そんな会話をしている三人組だが、なかなか中に入ろうとしない。

早く入っておいで。

「じゃあ…行くぞ」

「うん。」 「おう。」

割れたガラスの散らばった通路を、慎重に歩いていく三人。

不意にリーダー(?)が立ち止まる。

「ここマジやべぇな。俺いろんな所に行ってるけど、ここは怨念がはんぱねーよ!」

「あぁ。俺もさっきから視線をビシバシ感じてるぜ。あっちからもこっちからも……。気を引き締めて行かねぇとな。」

あっちからもこっちからもって。

俺一人しかいないのに。

怨念なんてものもありゃしません。

「ちょ、そんなにやばいなら帰ろうよ!」

「ばか、大丈夫だよ!俺達がついてるだろ?」

「そうだよ。それに俺、ちょっとした霊くらいならはらえるし。心配すんな」

「ん〜……。わかった。」

そして三人は再び歩き出す。

一階のロビーを抜け診察室などを見てまわった後二階へ。

「お前ら、ちょっと止まれ!ここから先はマジやばい!あの曲がり角の所……いるぜ。」

「俺も見た。足音もしたし。あそこにいる霊……あれは」

「爺さんだろ。」「子供だな。」

「え!?あ、そうだな、爺さんに見えたけど、子供だったかも。」

「だ、だろ?そうだ、足!足がない子供の幽霊だったな。」

俺はお前らの後ろにいるし、角には誰もいないよ。

足がない幽霊なのに足音って……。

矛盾してないか?

「ねぇ、ホントに見えるの?僕、何にも見えないからそんな事言われると余計怖いんだけど……。」

「見えるに決まってるだろ?初めて言うけど、俺んちってすっごい霊感があるシャーマンの末裔なんだ。

100年に一度 凄い能力を受け継いだ子供が生まれるんだけど、それが俺だ。」

「俺んちは今は普通のサラリーマンだけど、ちょっと前まででかい寺やってたし。

今も毎週修行するんだぜ。滝に打たれたり、一週間絶食したり。

そしたら最年少で霊をはらえる能力を手に入れたんだ、初めて話すけど。」

「す、すげ〜二人とも!なら安心だね!」

「だけど、あの角に潜んでいる奴はかなり手強いぞ。

弱い幽霊なら俺の守護霊がはねつけてくれるんだけどな、格の高い守護霊だから。」

格の高い守護霊ねぇ……。

確かにいるにはいるけどね。

俺にはただのくたびれたリーマンにしか見えないけどな。

あくびしてるし。

「大丈夫だ。こんな事もあろうかと家の家宝を持ってきたんだ。」

そう言ってリーダーが、何か小袋をポケットから取り出した。

「驚くなよ?これは幻の水晶なんだぜ!」

そう言って彼が二人に見せたのは、丸いガラス玉だった。

「おおー!!」と歓声があがる。

「水晶には邪悪なモノを退ける力があるんだ。だから平気だ。」

まぁ、本物の水晶ならね。

だけどそれビー玉じゃん?ラムネとかに入ってるやつ。

それで何を退けるっちゅうの。

「よし行くぞ。」

三人はそろそろと廊下を進み、三階までたどり着いた。

「ほらな!俺の言ったとおりだったろ?何もなかったのは水晶のおかげだ!」

「ばぁか!俺だって心の中でずっとお経を唱えてたんだからな。」

「ねぇそれより、この廊下のつきあたりだよね、今日の最終目標……。」

「そうだ。あの中に入って無事に戻ってきた者はいないらしい。」

「死んだ奴もいるし、たとえ生きていても発狂して病院行きだ。」

「えっ!じゃあ、やめようよ今すぐに!」

「だから俺達が最初の攻略者になるんじゃないか。」

「そうだよ。部屋の中に入って、何か一つここの物を持って逃げれば俺達の勝ちだ。楽勝だよ楽勝。」

なるほど、最近訪問者が増えたのはそういう事か。

肝試し+根性試しね。

なら、何にもないまま終わるんじゃつまらないよね?

少しサービスしてやるか。

三人がドアまで近づいたのを見計らって、俺はわざとゆっくりとドアを開けてやった。

ギギギ〜…と音つきで。

「か、か、か、勝手にドアが開いたぞ!」

「ば、馬鹿!風のせいに決まってるじゃん、ビビんなよ!」

せっかく本物の幽霊が開けてやったのに風のせいかよ。

回さなきゃ開かないドアノブなのに。

「は、入るぞ。」

三人がゆっくりと部屋の中に入ってくる。

次はそうだな〜、これを使うか。

俺は部屋の隅に置いてあった車椅子を、三人に向かって少しずつ動かし始めた。

キィキィキィキィと、さびれた音が部屋に響き渡る。

「うわ、うわぁ!車椅子がー!」

「マジで洒落になんない、マジやばい、やばいやばいやばいやばい!!」

自称シャーマンの末裔と天才霊能者は、気の毒なくらい足が震え怯えている。

あれ?俺最初に『観察するだけ』って言ったっけ?

まぁ、たまにはこんな事もあるさ。

特にこんなホラ吹き中学生には、ちょっとお仕置きも必要だろ?

幽霊だって皆が皆 俺のように善良な奴ではないんだし。

「拾ったよ!ここに落ちてたボールペン!早く逃げようよ!」

気弱君の一言で、ビビり二人も悲鳴を上げながら一目散に逃げて行った。

やれやれ。

今回のお客はやかましい奴らだったな。

窓から下を見ていたら、ちょうど三人が飛び出して行ったとこだった。

これに懲りたら、シャーマンだの霊能者だのと嘘つくんじゃないぜ?

痛い目に合う前にな。

それにしても、あの三人の中で1番の嘘つきは 気弱君だったとはね。

見えないフリも大変だな。

最後ここを出て行く時に、振り返って俺に手を振っていきやがった。

しかも笑顔で。

ありゃあ大物だわ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2970
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ