短編2
  • 表示切替
  • 使い方

人星(ひとぼし)

ある日、女の子は星を見ていました。女の子は、星が大好きです。

お嬢ちゃん、星、見たくないかい?

怪しい男が言いました。

えぇ。私見たいわ。

怪しい男はニヤニヤして私を黒いビニール袋に入れました。

苦しいよう…お母さん助けて。

私は気づくと椅子に座っていました。手錠を足と腕にかけられています。

口にはガムテープ。

んー!!むー!!

私は一生懸命声をだしました。

おーお嬢ちゃん。ここは眺めがいいから星をながめてな。ずーっと気が済むまで、見ていていい。

そういうと怪しい男は消えました。

私は怖くて下を見ていましたが、私は星と言う言葉を聞いて、目の前を見ました。

あれ…?何で赤い星なの??

何で??

グチャ…

足を上下に動かすと、そういう音が聞こえた。

下を見ると…。

きゃー!!

人の…顔。

さっきまでは遠くて、暗くて見えなかったけど…近くで見ると!!

いやぁ〜!!!

私は泣き叫びました。だけど誰も来てくれません。

もういやぁ…見ないで…見ないで…。

私の事をひたすら見つめる赤いホシ。

精神的にも、体力的にも、疲れ果てたころ。

グチャ、グチャ、グチャ。

誰か来た!!

でもそれは期待とは違うものでした。

ア・カ・イ・ホ・シ。

赤黒く光る何かは…

おの…。オノ…。斧…。

グッシャアアア…!!

私はアカイホシになりました。

みんな優しくて、嬉しいです。

今思うとあれは…ただの誘拐犯だったのかもしれません。

怖い話投稿:ホラーテラー 真昼実玖さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ