短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ベッドに潜る物

文章下手なので暇な人は、読んでください.

私の母が教えてくれた祖母の体験です。

私の母は、ひと時アメリカのニュージャージー州で、留学していました。母が出たすぐ後に祖母は、腎臓が悪くて何ヶ月か入院したらしいです。

入院し始めてから、一ヶ月ぐらいしたある夜に、病室の外で足音がしたそうです。その時は夜勤の看護婦さんだと思っていて、あれ?数分前に来たのに 何かあったのかな?

と思って気にしてなかったそうです。

次の朝、お友達の看護婦さんで、いつも自分の部屋の夜勤担当のA子さんにに、「昨夜 何かあった? 昨日変な時間にきたでしょ?」とといかけたら、A子さんは、「なに言ってるの?昨夜は私が行った後だれも 行ってないわよ。寝ぼけてたんじゃない?」と言うだけ。

でも、それから毎晩 同じ足音を聞いてたそうです。

それからその内慣れてきて、気にせず寝ていたそうです。

足音が始まってから数週間したある夜に 通常どうりに 足音が聞こえたそうです。無視して寝ようとしていると、 足音はいつも、そのまま自分の部屋を通り すぎるのですが、今回は祖母の病室の前で止まったそうです。すると、

ガラガラガラ...

その 何か?が、部屋の引き戸を開けて中に入ってきた。

恐怖で体が固まったそうです。唯一 動かせるのが 目と指。 冷や汗かきながら、どうしよう!と焦っていると、その 何か が、シートの中に下から上へと 潜り始めた!そして祖母の隣でうずくまって泣いていたそうです。その内睡魔に負けて眠りについたそうです。

翌朝、ナースセンターに行って 話をしたら

一人のナースが、「あら そう....」 といって、ある話をしてくれました。

10年前に、ある若い女性がいたそうです。 その女性はガンと宣告されたそうです。

脳がん?なので手術もできなく、結婚す る3週間前に亡くなったそうです。

そして、 亡くなった時にいた病室が その時の祖母の病室だそうです。

亡くなる前には病院内を夜中にまわって、病室にもどると、ベッドの上で、うずくまってないていたとか。

そのあとは、 病室に塩をまいたと言ってました。

怖くもない話を読んでくれた方々、ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ