中編2
  • 表示切替
  • 使い方

キャッチボール

コピペです

О君は小学生の頃、野球選手に憧れていた。

Jリーグが発足した年ということで、周り皆はサッカーばかり。

キャッチボールすら付き合ってはくれなかった。

「壁ばかりを相手にしてると、息が詰まってしまって・・・」

何かないかとうろついたО君は、いつも行く河原の近くに格好の練習場を見つけた。

人通りも稀な道路に面する朽ち果てた平屋だ。

赤いストレート葺きの屋根に向けて軟球を投げ、転がってくるのをキャッチするという練習だ。

下からは見えない為、音だけで判断しなくてはならない。

それが堪らなく面白く、О君は時を忘れてボールを投げ続けた。

黄昏が迫る頃、さすがに疲れたО君は、最後の一球を投げた。

ゴロゴロゴロ。

途中でピタリと音が止まった。

何に引っ掛かったのか調べようとしたが、背伸びしたぐらいで見える筈もない。

О君は道路の端により、屋根を見た。

ボールはあった。

О君と同じく、小学生くらいの男の子が掴んでいる。

驚いたことに、この寒空に素っ裸だ。

声をかけようとして思いとどまった。

あの子、何処から上がったんだろう。

梯子らしきものは見えないし、大きな木もない。

何より、ストレート葺きの屋根なのに足音すら聞こえなかった。

身体が震えるのに目が離せない。

О君は後ろ向きのまま少し離れ、一目散に逃げ帰った。

買ったばかりのボールは惜しかったが、その家には二度と近づかなかったそうだ。

nextpage

中学、高校と進学してもО君は意識してその方角を避け続けたが、故郷を出て都会で暮らし始める頃には、すっかり忘れていた。

「去年の夏に帰省したとき、偶然その前を通ったんです。」

10年以上が経ち、尚一層古びて今にも倒れそうであったが、家は依然としてあった。

あの頃、遥か上にあった屋根は、手を伸ばせば届きそうな位置にある。

赤い屋根を目にした途端、記憶がまざまざと蘇った。

あの子、何だったのかな。

О君は、ふっと笑うと屋根に向かって呟いた。

「ボール返してよ。」

ゴロゴロゴロ

懐かしい音を立てながら、ボールが落ちてきた。

まさか。

震える手で拾って調べてみる。

かなり汚れていたが間違いなく自分のボールだ。

擦れてはいるが名前も残っている。

О君はボールを握ったまま、上をみた・・・

屋根の端から、あのときの男の子が覗きこんでいたという。

(終)

怖い話投稿:ホラーテラー ストレンジカメレオンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2060
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ