中編6
  • 表示切替
  • 使い方

えええええ!?!?!?

怖い話とは少し違うが、お許しください。

4年前の話です。

当時付き合って半年の彼女がいました。

初めての出会いは、サイトで知り合い何度かメールや、電話をして会う事になりました。

僕は18で、彼女は28でした。

今までにもサイトで知り合いメールや電話は、何度かしてきたが、会うのは初めてで、それ以前に生まれてこの方、女性と付き合った事がなくかなり浮かれていました。

会う前に僕自身容姿に自身がないので、写メ交換しようと言ったのです。(僕を見て帰られるのが怖くて…)

けど彼女は中身重視だから、外見で判断しないよと言われ交換しませんでした。

そして約束の当日が来ました。

僕は駅の改札で待ってました。

ブーブ-と、携帯のバイブがなり見ると今着いたよとメールが来た。

僕は、すぐに電話をしました。

僕『もしもし!?今どの辺?』

彼女『電車下りてもう少しで改札着くよ』

僕『じゃあ改札の横の売店の前で待ってるから!!(僕は会いたいけどドキドキして、心臓が張り裂けそうでした。その反面僕を見て幻滅し、帰るんじゃないかと不安でした)』

電話を切って待ってると、彼女の方から声をかけてくれました。

彼女『A君?』

僕『うん…(と言った後少し沈黙になりました。)』

すると彼女からやっぱり18歳だと若いねなど、少しその場で話ご飯を食べに行きました。

あっと言う間に時間が過ぎその日は、帰る事になりました。

帰りの電車で、彼女はイメージ通りの綺麗なお姉さんだったな、僕は彼女と付き合いたいと思いました。

それから毎日電話やメールをして、6回ぐらい会った頃に僕は彼女に告白しました。(知り合って2ヶ月くらい経った頃です。)

玉砕覚悟で告白すると彼女は、私なんかでいいの?と言ってきて僕はすぐにうんと、返し彼女と付き合う事になりました。

ここからが本題です。

近くに住んでたのもあって週3日は、会ってました。

普通のカップルのように手を繋いで買い物行ったりキスしたりしてました。

僕はHをした事がなく付き合って3ヶ月が経ち、4ヶ月が経ち、それでもキスどまりでした。

奥手の僕に嫌気がきたのか、彼女がキス以上何もして来ないけど、私って魅力ないのかな?私の事嫌い?

僕はすぐにそうじゃない。経験がないからどうすればいいか解らない、嫌いになった事一度もないし、一生一緒に居たいと言いました。

彼女は、嬉しそうにじゃあ半年記念の日にしようと言ってくれました。

そしてその日がやって来ました…

デートして夜になり彼女の家に行きました。

僕は男がリードしないと駄目だと思っていたので、この日の為にAVをこれでもかってぐらい見ましたw

2人は、ベッドに座り初めは普通に喋り、彼女からキスをしてき彼女はキスをしながら股間に手をあてて来ました。

僕は女性に股間を触られた事もなく緊張しまくりでした。

そして恥ずかしいから電気消すねと、彼女が言い僕も同じ事考えてたので頷きました。

そこから2人はベッドで横になり、僕はAV通りの流れでキスをして胸を触りました。

そして上の服を脱がし彼女のスカートを捲り股間に手をあてました。

すると股間の辺りに硬い物があったので、携帯と思い携帯あるよと言いました。

すると彼女は、携帯なんかないよと言ったので僕は、その硬い物を取って渡そうとし、ちゃんと触ると(握ると!?)

それは、間違いなく僕が持ってる物と同じ物でした。

僕の第一声は、えええええ!?!?!?と言ってました。

すると彼女は、嫌いにならないし、ずっと一緒に居たいって言ってくれたよね?

あれは嘘だったの?と言いました。

僕は頭の中が真っ白になりとっさにおまえ騙して最低だな!!

てか俺おっさんとキスしてたのかよと言った瞬間彼女?の右ストレートが僕に炸裂しました。

その瞬間今までおしとやかだった彼女が彼に変わりました。

てめぇどんな事があってもずっと好きって言ってたくせに結局これかよ!!

その間も殴られてました。

僕は怖くなり謝りました。謝るしか出来ませんでした。

彼はおまえ今日帰ったら二度と私と、会うつもりないだろうから思い出作ってやるよと言われました。

彼は僕の服を脱がそうとしてきて、拒むと殴られ言う事聞いたらすぐに帰してやると言われ、仕方なくズボンとパンツを脱いだら彼が僕の物をしゃぶりだしました。

怖いし気持ち悪くて泣いて謝り続けました。

それでも彼は許してくれなくて、次は私のもしゃぶれと言ってきて僕は、それだけは出来ません許して下さい。

他の事ならなんだってしますと言ったら、じゃあ

このマンションの屋上から飛び降りろと言って来ました。

彼の目は本気でした。

僕はもう逃げられないと覚悟を決めて鼻をつまみながらやりました。

その瞬間嘔吐してしまい僕が吐いてるのに、無理やり喉の奥まで突っ込んできました。

もう涙と嘔吐物で顔もグシャグシャでした。

しばらくして彼は僕の口の中に出し、飲めと言うので僕は、これで帰れると思い吐きそうなのをこらえて飲みました。

僕はじゃあもう帰ります。

すみませんでした。と服を着ようとしたが誰がこれで終わりって言った?まだまだ夜は、これからだぞ!!と言いました。

その後嘔吐物まみれの僕を、綺麗にすると言い、風呂に連れて行かれました。

風呂場に入り彼がイスに座れと言ったのですわりました。

まずは、顔から綺麗にしてやるからと言って、僕の顔に小便をかけてきました。

怖いから我慢しようと思ったが、顔が反射的によけてしまい、その瞬間顔面を蹴り上げられました。

するとオマエ避けたから罰と言い口を開けろ!!全部飲めと言われました。

もう殴られるのが嫌で黙って口をあけました。

頭では飲まないと帰してもらえない、殴られると思っているのに口の中に彼の小便が入り、少し飲んだだけで体が拒絶して嘔吐してしまいました。

すると彼は黙ったまま洗面器に小便をして、オマエもこの中にしろと言ってきました。

まさか洗面器に入れて飲まされると、思ってなかった僕は従いました。

そして彼がじゃあどれだけ時間かかってもいいから飲めと言いました。

後一つだけ言っとくけど10分で飲めれば合格!!飲めなければ10分おきに色々混ぜていくから早く飲んだほうが楽になるよと言いました。

僕は洗面器を手にしました。

飲んで早く帰りたいけど彼のと僕のなんか飲めるはずもありません。

塩辛いとかのレベルじゃなくもうアンモニア臭最強でした。

結局飲めなくて10分が経ち初めは、彼の唾が洗面器に吐かれました。

それと同時に一発殴られました。

僕は何か混入するだけだと、思ってたが甘かった…

彼が10分おきに何か入れるが、殴る回数も増えるとだから次は2発殴られて何か入れるからな!!といいました。

僕は飲まないと今以上にヤバイと思い、少しづつ飲み始めました。

それでも10分では飲みきる事が出来ず殴られちょっと待ってろと言われ、彼が白い粉末持ってきて入れました。

覚せい剤や違法な薬だと怖いので僕は、恐る恐る彼に聞きました。

それ違法な薬ですか?

オマエには関係ない帰りたいか帰れないかどっちがいい?と逆に言われ帰りたいですと答えると、じゃあ飲めと言われ聞くのを諦めました。

僕は次に何を入れられるか恐ろしくなって粉末の事は、気にしないようにしてまた飲み始めました。

また時間が来て殴られ次は何を入れるのかと、脅えていると彼が飲みにくいのか?と訊ねてきました。

僕は、はいと答えると彼がじゃあ薄めてやるからと言って、昨日のかいつのか解らないが湯船の残り湯を洗面器の中に入れました。

僕は自分の言った事に後悔しました。

初めより量が増え飲まないと帰れない、でも飲める気がしない、殺してでも出ようかと思い始めました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Normal
閲覧数コメント怖い
29000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ