短編2
  • 表示切替
  • 使い方

物語は悲鳴で始まり…

誰かの悲鳴だ。

墓地から聞こえる。

何かあったのだろうか?

だから夜にこの辺りを歩くのはイヤなんだ。

昼間でさえ、木がうっそうと茂り薄暗い。

女は会社の残業で、すっかり遅くなり、仕方なく近道であるこの気味の悪い道を通った。

誰かが迷い込んで詰まらない物でも見て、幽霊か何かと間違えて叫んだのかもしれない。

女は恐る恐る墓へ向かった。

逃げ出したいが、もし迷ってたら気の毒だし、失神でもしていたら、寒さで凍え死んだら大変だ。

ジャリ、ジャリ ザッ

ザッ。

誰か穴を掘っている。

えっ墓荒らし?

月はやせていたが、シャベルを持って懸命に穴を掘る小さな影を映し出した。

女はギクリとしたが、その影が少女だと分かり、

ホッと胸をなでおろした。

と同時に尋ねた。

「何をしてるの?こんな所で」

「墓穴を掘ってるの」

「こんな時間に?誰か亡くなったの?」

「うんッ、もうすぐ来るはずなんだけど…」

女は恐くなった。この子、気が狂っているなかしら。

この辺りの子じゃない。

見覚えがないもの。

少女は何かに憑かれたようにシャベルを動かしている。

女は震えながら言った。

「さっさっき悲鳴が聞こえなかった?」

少女は初めて女へ目線をやった。

「あの悲鳴が聞こえましたか?」

少女はニッコリ笑った。

やけに白い顔だ。

「それじゃぁ、今夜この墓穴に入いる死体はあなたですよ。あの悲鳴はあなた自身のものです。

少女はシャベルを力いっぱい女の頭をめがけてふりおろした。

物語は悲鳴で終わる…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
32100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ