短編2
  • 表示切替
  • 使い方

奇妙な電話

これは私が本当に体験した話です。

私が初めて携帯をもったのは12歳の頃でした。

毎日のように夜遅くまで携帯をいじって寝不足の日々でした。

ある日の夜の事です。

私はマンションに住んでいます。なにか違和感を感じた私はカーテンを開けました。

すると、向かいのマンションの部屋の男の人がカーテン越しに私の部屋を瞬きもせず見ているのです。

私は怖くなりました。

この日に限って両親は仕事のため朝まで帰ってきません。

どうしたらいいかわからなくなった私は、ベッドに潜り込み携帯を握りしめていました。

すると、次の瞬間………

♪プルプルプルプル♪

え!?こんな時間に誰?

見ると、登録してない番組からでした。怖かったのでその電話には出られませんでした。

夜遅かったため、私は知らない間に眠りかけていました。

また電話が鳴ったのです。

その音にびっくりして起きました。誰からきたのかも確認しないまま、私は電話に出てしまいました。

「………ずっと…見ているよ」

男の人の声でした。

私は携帯を即切り、耳をふさぎました。怖くなって震えてしまいました。

5分おきぐらいに電話が鳴ります。

その日を乗り越え、朝になりました。

お母さんが帰ってきて「なんか外に警察がいっぱいいたよ」

母に聞くと、向かえの家の人が首吊り自殺をしていたのです。

私が目が合っていたのはその男の人だったのです。

私は少し安心しました。

その後ゾッとしました……。

あの電話はなんだったのでしょうか……

最後にこの前知った話なのですが、自殺をした人は目を閉じて亡くなっていたそうです。

「………ずっと…見ているよ」

怖い話投稿:ホラーテラー 娜李娜繼さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ