短編2
  • 表示切替
  • 使い方

祖母の手

7年くらい前の話です

当時付き合っていた人は

嘘を平気でつける最低の人間でした

5年もまったく気づかず

とても優しく信頼できる頼りがいのある人だと思っていました

ある事から

本当の人間性がわかり

これでもかってくらい傷つき

死ぬことしか考えていました

私は子供の頃から両親が共働きで祖母が保育園の送り迎えから家事まですべてしていました

すこし偏屈な人で幼稚園や小学生低学年の時は友達を家に連れて来ると汚れるからイヤだとか言う人で

いつも友達の家で遊び

自分の家には1度も連れて帰った覚えはありません

そんなこともあり

私は祖母の事は好きではありませんでした

家を出て実家に帰る事もあまりせず

祖母が90歳でなくなる前も時も

彼ともめてる事の方が大事で

祖母の事を考える余裕がまったくなく

亡くなりました

1年近く傷つきもめた末にゴミのように捨てられ

傷つききって

お盆休みに帰省しました

子供の頃からこの家には誰かいるって気配は何度か感じた事はありましたが

知らない人でした

その日の夜

祖母の部屋だった所に泊まり

いつもは眠れない毎日だったのに普通に眠りについた頃

隣に誰がが座っている気配を感じました

私の手を軽く握り

『大丈夫かい?何かあったのかい?』

って問い掛ける優しい空気と温もりを感じました

間違いなく祖母でした

その言葉で何故か心が軽くなり

もう1度がんばってみようと思いました

怖くなくてすみません

怖い話投稿:ホラーテラー あおさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ