短編1
  • 表示切替
  • 使い方

下痢の嵐

これは、俺が中学生の頃の話である。

あれはいつものように学校でテストをしていた時のことだった。

俺は突然やばいと感じた………

それはなぜかって?

そう、下痢の嵐がきたんだ。 その瞬間ものすごい腹痛におそわれた。

トイレに行こうと思い、時計を確認したが、あと15分くらいで終わる所だった。

手を上げて、トイレに行こうとしたが先生はこう言った。 「あともう少しで終わるからトイレは我慢しなさい」と。

俺は先生に逆らう気もなかった。それどころか腹痛がおさまらない。

グルルと少しなった。周りはまだ俺の下痢の嵐に気づいてない。

あと10分になったが、俺はもう我慢の限界だった。グルルル グーとものすごい音が鳴ってしまった。

周りは笑いをこらえていた。もう我慢の限界と思い、トイレに行こうとしたその時だった。

ブリブリブリブリ ブゥービチビチビチャっと勢いよくフィニッシュした。

周りは呆然としていた。

その後、先生が処理を手伝ってくれたが、次の日から俺のあだ名はゲリラとなった。

俺のテストの解答欄の最後にはこう書いてあった。「そうしなはのこ」。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
60710
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

そうであって、良かったです。