中編3
  • 表示切替
  • 使い方

なぞの少女

これは実話です なのでこの話にはおちてきなのがありません

面白くないかもだけど実話です

当時小6だった俺はちょっと霊的なのがみえてしまいました

めずらしいですが

それでも怪談がすきだったんです;^^

今思ったらばかでしたw

  

当時よく遊んでいた4人組

AとBとCと俺

その俺以外の3人も怪談好きでした

面白いネタが見つかっては集会のひびだった

俺は実体験を話してまぁまぁ盛り上がってた4人

それからのりで呪怨をみようってことになった

次の週末にBの家に集まってみることにした

そのときはBが引越ししたばっかで

家がむっちゃきれいやった

テンションも高かったし

雨戸を閉めて真っ暗にしようってなって

したんだ

くらいなか映画も中盤に差し掛かったとき

AとBが怖すぎたのか

いきなりじゃれあいだしたww

俺は映画に夢中で

ちょっときれ気味にうっせー

っていったら連れねぇーなーとかぼやいて

まぁまぁ静かになった

そん時こんどはAとcがコタツの中で暴れだしたww

このときみんなの位置は

テレビの前にコタツがあり右側に俺左にA正面にBとCだ

そのことを無視し続けてたおれがつまんなかったのか

2人とも落ち着いた…と思ったとたんことは起こった

いきなり俺の右腰を誰かが殴ってきたんだ

ついにきれた俺は「さっきからふざけてんじゃねーよ

俺の腰殴ったやつ誰だよ」って言ったら

みんないちについてて3人いっせいに「どうした?」って言うんだ

みんなとぼけてるんだと思った俺は腰を見せた

きれいにグーパンのあとが残ってる

みんながちでやってないようなのでとりあえず落ち着いた

冷静に考えるとありえなかった

俺の右腰にはコタツの足があった…

いきなり汗をかきだした俺に

みんながどうした?

ってきいてきたから

せつめいしたら

みんなも青ざめた

気分転換にそこらの森に散歩に行った

記念写真をDSでとっていて俺も撮ってもらった

あとでみてみたら

俺の写真で変なのが写っていた;;

チッチャい子が俺の腰を殴っていたのだ!”;;

俺はいきなり泣き崩れた

恥ずかしい話だけど

10分ぐらいないた

それからと言うもののBとはかかわってないしあの森にもいってない

あの後Bの家ではチッチャい子が出没するようになり

引越したその後の行方は誰も知らない

大人になった俺は

AとCと飲み会を開いた

そのとき俺の携帯がなった

知らない番号だったので

間違いかと思って無視したら

4回くらいかかったので出てみたら

なんとBの母さんからだった!!

内容はBが3日前に自殺したということだ

まぁそのままきるのもあれなんで3人でまわしたんだ

戻ってきて 

きるときに

「次はあなたかなきゃははははははは」

と言う声がきこえた

俺はすぐにあの女の子の声だとわかり

ふるえました

それからと言うもの毎日が怖くて怖くて仕方がありません

長々とすいませんでした

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
68900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ