短編1
  • 表示切替
  • 使い方

トイレのドア

家の庭に小さな古い小屋?みたいなのがあります。

そこにはちゃんとトイレも風呂もあります。

ぼくはばぁちゃんに「あの家使っていいの?」

と聞くと、

「ダメ!」

と強く言ってきました。

それでなんか気になりその小屋に入ってみました。

最初感じたのはとても暗かった。

ふとトイレのドアが開いてたので閉めた。そして、小屋内を一回りしました。

すると、トイレのドアが開いてました。

最初「風か」と思いまた閉めた。

次は台所をあさってると、ふと目にはいったあのトイレのドアが倒れていた。

音が聞こえなかったのでさすがに怖く帰ろうと動いた瞬間低くにごったような重い声が聞こえた

「デテケ」

外の音がたまたまそう聞こえたのか分からないがぼくはそう聞こえた。

後にばぁちゃんに聞くとそこにはちゃんと人が住んでるといっていた。貸しとるんだよ。と、

そういえばぼくもそこに住んでるおっさんを何度も見ていた。

でも最近まったく見なくなったのは気のせいか。

怖い話投稿:ホラーテラー I.kさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ