長編9
  • 表示切替
  • 使い方

旧N村龍神伝説

初めまして。

水無月龍と申します。

私がこれからお話する物語は、

いまは現存していないとある廃村で

私が実際に体験した物語です。

10年以上前のお話ですので、

記憶違いの所もあるとは思いますが何卒ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

nextpage

1998年8月。

当時小学1年生だった私は、

関東のとあるサッカークラブの強化合宿で

S県N村に来ていました。

当時、生粋のサッカーバカであった私は、

翌月9月の大会で勝つために、

同村内の某施設内の競技場で猛練習を行っていました。

※物語の舞台は、その施設を流れる川から

少し上流のバンガロー村になります。

nextpage

合宿は全部で3日間あったのですが、

その1日目の夜。

wallpaper:241

夕飯をを食べ終わった後。

私達は、練習の疲れを癒す為

川沿いのバンガローに集まり、寝袋の用意をしていました。

寝袋の用意が終わり、消灯時間まで少し時間が余った為、

コーチ(以下、コーチAとします)とメンバー総勢20名程で怖い話をしよう、という流れになりました。

nextpage

当時流行っていた

「口さけ女」

「人面犬」

「てけてけ」

これらのネタに盛りという名の調味料を大量に付け加えた話が数十話続きました。

(当時のメンバーは小学生なので、その類に関する経験が少なかったのでしょうか。)

そして怖い話大会も大トリにさしかかった頃。

nextpage

クラブNo.1怖い話好きのサッカーのコーチAは、

大トリにふさわしい、その村にまつわる1つの事件を語り始めました。

music:1

「みんな、知ってるか?

実はお前たちが今いるバンガローへ向かう道の途中の橋。

あそこでは、人が一人亡くなっているんだよ。」

一同唖然。コーチAはさらに話を続けます。

nextpage

「なんでもそこの川は、

ダムが出来る前は毎年、夏に台風が来るたびに大洪水が起こっていたらしい。」

そして、私達がこのバンガローに来る数年前の夏に、

N村近くの中学校に通っていた女学生がその大洪水で流されたとのこと。

nextpage

その大洪水が起きたのが深夜であること、

さらにその女学生は大洪水が起きる前に

その曰く付きの橋の付近で集団で遊んでおり、

大洪水後に警察の捜索が入ったが、

遺体が上がらず事件が未解決のまま現在に至る、

といったことをを如実に話してくれました。

nextpage

music:4

「これがコーチの中で一番怖い話お話でした。

どうだ、なかなか怖かっただろう(笑)」

ここで当時の私が思っていた個人的な感想を述べるとすれば・・・

「そんなん寝る前に聞かされたら眠れなくなるやんけ!(泣笑)」

というのが正直なところでした。

nextpage

ただ、その時コーチAは

「今の話は全部俺の作り話!

さ、お化けが出ない内に全員寝ること!」

と話していましたが、私はコーチが一瞬例の橋の方に視線を向け、

少し強張った顔をしていたのを見逃しませんでした。

その日の夜は、合宿の集合時間が早かったのもあってか、

何事も無くすぐに眠りについてしまいました。

nextpage

合宿2日目。

wallpaper:227

この日は、午前中に練習を行い、

午後に虹鱒(ニジマス)の掴み取り大会を行うことになっていました。

掴み取り大会の場所は、

バンガローへ向かう例の橋から50m程上流にある、

川の主流から少し外れた川の支流。

(川の脇を流れる小さな小川のようなもの)

nextpage

私を含めたチームメンバーは、

我先にと虹鱒捕獲に躍起になっておりました。

私も負けじと虹鱒を捕獲にかかり、

ようやく捕獲!

nextpage

初めて生きている魚を素手で捕獲に歓喜していたのもつかの間、

music:2

目を疑う光景が例の橋の下にありました。

素手で掴んだ虹鱒の前方には橋。

wallpaper:255

その橋の下に、制服をずぶ濡れにした一人の女学生。

距離が遠かったので表情こそ分かりませんでしたが、

少なくとも体は私の方を向いています。

nextpage

目を疑いました。

なぜなら女学生が佇んでいたそこは、

水深が2m程あり、普通の女学生がそこに佇むことは不可能であったからです。

wallpaper:227

music:4

「おーい!どこ見てんだ、よっ!(笑)」

「うわっ!」

nextpage

私のケツを思いっきり叩いたそいつは、

チームのキャプテン(以下、メンバーAとします)。

じゃれ合いこそありましたが、当時からチームの兄貴分でした。

「何やってんだ、ボーッと橋の下なんか見て?」

nextpage

「いや、あそこに女の人が・・・!あれ??」

制服をずぶ濡れにした女学生はおらず、

そこには橋と川があるだけでした。

「そんなとこで突っ立ってるとお前が捕まえられるぜ?(笑)」

メンバーAは、女学生の存在に気付いていませんでした。

nextpage

私もその時は何かの見間違いであると無理やり信じ込み、

虹鱒の捕獲に一心不乱に没頭しておりました。

nextpage

wallpaper:241

2日目の夜。

1日目と同じように寝袋を用意し、川沿いのバンガローで寝ていました。

music:3

深夜1時を回った頃。

ふと目が覚めました。

nextpage

よくあるベタな展開ですが、

私の寝ていたバンガローのメンバーで起きているのは私だけです。

「ポチャーン、ポチャーン・・・」

それは、川の方から聴こえてきました。

正確には、例の橋の付近から聴こえてきているようです。

nextpage

「ポチャーン・・・、ポチャーン・・・」

nextpage

nextpage

バシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャ

nextpage

「!?」

誰かが溺れている・・・!?

このままではマズイ!助けなきゃ!

しかし、気持ちとは裏腹に体は全く動きませんでした。

なぜなら、向けた視線の先では、

誰一人として溺れている人間がいなかったからです。

nextpage

そして、

視線の先にある例の橋のふもとにそれはいました。

wallpaper:255

・・・ずぶ濡れの女学生。

その女学生の辺りにゆらめく2つの火の玉。

・・・この世の者ではない、本能がそう語りかけていました。

女学生は、こちらを見つめたまま何かを語りかけています。

nextpage

しかし、私とその女学生との距離は約100m。

ましてや室内にいる私には当然、

声など届きません。

nextpage

「タスケテ・・・タスケテ・・・」

この世の者、であれば。

耳元で聞こえるはずのない声が聞こえた私は、

その場で気絶してしまいました。

wallpaper:241

nextpage

music:5

翌日の朝5時頃、まだメンバーが寝静まっている時間帯です。

コーチAは気絶から回復した私に一言、

「見たのか?」と。

以外な一言に、私はただ頷くしかありませんでした。

nextpage

私と同じバンガローで寝ていたそのコーチAいわく、

夜中に突然起きた私の行動に目を覚まし、

異常を感じた為必死に声をかけようとしたとのことでした。

ただ、その時コーチAは金縛りにかかっていたらしく、

声はおろか指先すらも動かない状態だったそうです。

nextpage

そして、朝の5時までその状態が続き、

薄明かりが差した頃にようやく金縛りが解けたそうです。

(すみません、この辺りの状況はうろ覚えです。)

一連の話をコーチAに話すと、

コーチAの顔がみるみる青ざめていくのが解りました。

nextpage

結論から申し上げますと、物語の冒頭で話したコーチAの怖い話。

あのお話は、正真正銘の実話だったそうです。

また、例の大洪水が起こった時刻。

私が女学生を見た時刻とほぼ同時刻に起こっていたそうです。

nextpage

そう、午前1時32分に。

nextpage

この話はあくまでも私の体験談なので、

大洪水事件の真偽は私には分かりません。

また、この件に関わることについて、

私は一切の責任を負いかねます。

ただ、別のコーチ(以下、コーチBとします。)の話によると。

nextpage

「私も同じ時間に聞きましたよ、

ポチャーン・・・って音・・・。

そう、あれはちょうど午前1時半頃だったね。」

nextpage

あの女学生かどうかは不明ですが、

音が聞こえたのは確かだそうです。

以上が私の体験談になります。

nextpage

尚、この物語に関すると思われる旧N村龍神伝説を発見致しましたので、

nextpage

こちらに規約に触れない形で掲載させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

nextpage

以降は、私が実際に旧村の方からお聴きしたお話。

伝説の内容については、事実と違う所もあるとは思いますが何卒ご了承ください。

※仮に、旧N村の場所を推定・特定されたとしても

その後の行動に関わる責任は一切負いかねます。

nextpage

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

music:1

人々が雨乞いの祈祷を行っていた時代。

旧N村では、その村に存在していた

三体の龍頭に力を借りることによって、

干ばつ問題を解決していたそうです。

ある夏の昼下がり。

連日続く日照りで、

旧N村では深刻な水不足が起こっておりました。

nextpage

ある農民は言いました。

「ここ最近は日照り続きで、

作物の収穫が望めねえ。

なんとかならんかね?」

また、ある一人のある農民は言いました。

「本当に雨が降らねえ。

おらの畑はカラッカラだあ。

鍬を振るえば土ぼこりが立つんでさあ。」

nextpage

この問題を解決すべく、

村の住民が知恵を出し合っていた最中、

一人の女性がこんなことを言いました。

「そうだ!村の神社!

あの神社にいる龍神様にお願いしてみんべぇ!」

農民達は、

村の神社に三体の龍頭があることを思い出しました。

そして、その三体の龍頭のうち

一体の龍頭である「女龍頭」を持ち出し、

村の川のほとりまで運んでいきました。

nextpage

川のほとりに着くと、

村人は雨乞いの儀式の準備を始めました。

その儀式の内容とは、まず

・儀式(詠唱)は深夜から

・村の女性が頭に女龍頭を持つ

・その女性の身体に麦わらの束を巻きつける

・巻きつけた後、川の中腹に立たせる

といったものでした。

その後、女性を川の中腹に立たせ

村人はその女性の周りに集まり

川の水を手ですくうと、

一斉に女性に掛け始めたそうです。

その姿は、まるで女龍神に

大量の雨が降り注いでいるかの光景であったとのこと。

nextpage

そして、「バシャバシャ」と大量の水を掛けながら

全員である唱えごとをするとのことです。

(唱えごとの内容は、

特定を避ける為ここでは割愛させて頂きます。)

その後、しばらくすると

人々の願いが叶ったのか、雨が降り始めてきました。

村人は、幾日ぶりの雨に歓喜の声を上げ、

互いに雨乞いの儀式の成功を喜び合ったそうです。

nextpage

異変が起こったのは、それから間も無くのこと。

「もう雨もこのくらいでいいじゃろう。

はやく止んでくれんかのう。

おら、もう家に戻らねえと。」

農民の一人が呟きました。

その農民の言葉とは裏腹に、

雨は先ほどよりも、なお強くなっていきました。

nextpage

その農民を含めそこにいる人々は

勢いが強くなる雨に危機感を覚えたのか、

続いていた雨乞いの儀式を中止する為、

川の中腹にいる女龍頭と女性を避難させることを決めました。

その時。

川の上流から聞こえる轟音。

それは、儀式を行っている川の中腹に

激流が来ることを意味していました。

nextpage

刹那。

激流は女龍頭と女性を呑み込みました。

一瞬の静寂の内。

悲鳴を上げる者。

怯えて逃げ出す者。

腰を抜かす者。

雨乞いに歓喜していた農民達の姿は無く、

そこにあるのは阿鼻叫喚の世界でした。

nextpage

その後、雨乞いによってもたらされた豪雨は

その日を境に幾日も続き

その次の年も、幾年後も、

・・・そして、文明が発達した今現在でも。

決まって同じ夏の時期に豪雨が降るそうです。

尚、流された女龍頭と女性は

豪雨が止みしばらくしてから

農民総出で捜索が行われましたが、

結局、双方とも見つからず

捜索が打ち切られてしまったとのことです。

nextpage

この後、旧N村では

夏の日の特定の時期に発生した氾濫について

「龍が唸った」

と口を揃えて言うそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

nextpage

music:4

そして、この旧N村龍神伝説は、

昭和中期〜後期にかけて発生した

「ある事件」と織り混ざって

私の面前に現れました。

(少なくとも私が推定する範囲で現れた、ということです。

私が体験した事実が必ずしも旧N村龍神伝説、

また「ある事件」と繋がることを保証するわけではございません。)

nextpage

しかしながら・・・

私が遭遇した女性の幽霊。

女龍神を持っていた女性なのか。

または、「ある事件」と深く関わる女性なのか。

wallpaper:255

全ては謎の中です。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,81213
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>>銀様
コメントして頂きありがとうございます。
改良を重ね、より怖くしていきたいと思います。

画像がやばかったです…
話の内容も結構怖かったので
いきなり絵が変わって
心臓飛び出そうでしたよ(>人<;)

BGM・背景画像等を追加しました。
※心臓の弱い方は閲覧をご遠慮下さい

>>薄紅様
コメントして頂きありがとうございます。

詳しいことは分かりませんが、確実に聞いたこととして
その大洪水事件は台風による豪雨が原因となって起こったとのことです。

洪水が起きるって事は天気が悪かったりが続いたあげくですよね
何でその女の子はそんな時間にそんな危険な場所で皆と遊んだりしたのか…
よく荒れた海なんかを興味本意で見に行き亡くなる事故がありますが、そんな感じなんですかねぇ
でも…一緒に遊んでた子は事故に合ってないのですか?
だとしたら突き落とされたとか?
何かすごーく気になるお話でした

>>さだん様
コメントありがとうございます。

補足ですが、旧N村大洪水事件は昭和中期〜後期に起こったとのことです。

女子中学生1名が橋の付近で、
台風で流れが激しくなった川に流され、行方が分からなくなっているそうです。

>>シナモロール様
いえいえ!とんでもないです。
むしろ、こういった意見を文章に反映できるのでとてもありがたいです。

いいですね。怖くて悲しくて、どこか懐かしい。

生意気な意見でスミマセン

読みやすい形に再編集致しました。

>>シナモロール様
貴重なご意見頂きありがとうございます。
すぐ反映させて頂きたいと思いますのでご了承下さいませ。

良かったですよ。総合的に。ただ、台詞末尾のwは、興醒めするので、個人的に不要だと感じました。

>>匿名様
ありがとうございます。
確かに、多いですね(笑)
皆様が読みやすい形に再編集しようと思いますのでご了承下さい。