中編3
  • 表示切替
  • 使い方

言霊

wallpaper:434

nextpage

言葉が魂を持つ

         「言霊」

まぁ、有名な話ですよねぇ

しかし、それは儀式めいた

  何か特別な物と…思われてないですか?

nextpage

それはね、ごく身近に

  身の周りにある物なのですよ

nextpage

これからお話するのは

  私自身が体験したお話でございます

ひょっとしたら…

  貴方自身もこのお話に出てくる言霊を

  目にする機会があるかもしれませんねぇ

nextpage

wallpaper:4

それはまだ

  今程までにインターネットが

  普及していなかった頃だと思います

nextpage

私は部屋で一人

  パソコンと向き合っていました

調べ物…というよりも

  ただただ情報を欲していただけなのかも

  知れません…

nextpage

世界が広がっていく感覚と申しましょうか

  それが楽しくて

  ついつい、没頭してしまっていたのです

そして、とあるページに辿り着いたのです

そこには、こういった内容が書かれていました

nextpage

***注意***

次の文章を見た人には怪現象が起こります。

とても危険なものなので閲覧は自己責任でお願いします。

もし、貴方の身に危険が迫った場合、その文章を3回唱えてください。

nextpage

皆様、1度は同じような話を

  見聞きした事はないでしょうか?

当の私でさえも

  よくある話だと

  鼻で笑ってしまったくらいですから

nextpage

ご丁寧にも

  誤読されないように細工までしてあります

怖いもの見たさ…というよりも

  そこまでされた内容への

  興味と申しましょうか

ついつい見てしまったのです

nextpage

.

nextpage

しかしそこに書かれた内容は

  死を連想させる言葉は使われているものの

  子供の間で流布していそうな

  駄洒落のようなものでした

最もらしい内容を期待していた私は

  拍子抜けしてしまいました

nextpage

が……

nextpage

何か違和感のようなものを覚えました

空気が変わったと言いましょうか・・・

部屋の周囲が重く圧迫している・・・

そう感じるのです・・・

nextpage

ジワ

         ジワ

ジワリ

         ジワリ

nextpage

重苦しい空気が蠢くように迫ってきます

もちろん、目で見えるものではありません

しかし、徐々に 徐々に

禍々しさが埋め尽くされていくように

迫ってくるのです

nextpage

キーン

nextpage

耳鳴りと同時に頭が

         グラリ

グラリ

         ズキリ

ズキリと・・・

大きく揺さぶられるように痛むのです

nextpage

もし、貴方の身に危険が迫った場合、その文章を3回唱えてください。

nextpage

先の言葉が脳裏に浮かびました

子供の言葉遊びのようなそれ

普通なら躊躇するでしょうが

じわりじわりと押し迫ってくる

得体の知れない何かを前にして

私に選択の余地はありませんでした

nextpage

*$@#≒*#$・・・

nextpage

#$@*・・・$@*=・・・

nextpage

ただ動揺しているだけなのか

それとも何かに邪魔されているのか

舌がうまく回りません

ガンガンと頭痛がひどくなり

次第に意識も朦朧としてきます

nextpage

それでも必死に

何度も言葉を噛みながら

nextpage

1回・・・

nextpage

2回・・・

nextpage

なんとか3回目まで言い切ろうとした時・・・

nextpage

shake

やめろぉぉぉぉぉぉぉ!!

nextpage

唸り上げるような怒声が響き渡りました

そして

         パチンッ

頭の中で何かが弾けるような音がして

そのまま意識を失いました・・・

nextpage

さてあの時

  私は3回言い切れたのでしょうか?

きっと

  言い切る事ができたのでしょうねぇ

だって…

こうして貴方にお話できているのですから…

Normal
閲覧数コメント怖い
4601
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

引き込まれました。
なかなかよかったです(^-^)