中編3
  • 表示切替
  • 使い方

左半身に注意‼

wallpaper:154

こんにちは、蘇王 猛です。今回は俺の友人にまつわる話をしたいと思います。

高校に入学したての頃の事でした。今は学校こそ違いますが、幼稚園からの親友である須藤(仮名)から変なメールが来ました。

sound:20

「蘇王、頼むから左半身に気をつけてくれ。」

彼はメールに必ず題名をつける奴なのですが、この時は無題でした。それだけ急いでいたという事だったんでしょう。

「は?いきなりどうした?」

nextpage

俺は驚いてすぐ返信しました。須藤からの返信が来るのにそう時間はかかりませんでした。

(ここから名前付き鍵括弧内はメールの内容になります)

須藤「悪い夢みた」

俺 「悪いって、どんな?」

須藤「よく覚えてないけど、絶対気をつけろよ。」

俺 「え、ああ…。分かった。」

nextpage

暫くして、また彼からメールが届きました。

須藤 「さっきからごめん。落ち着いたらちゃんと話すから。」

「…どうしたんだ、あいつ…?」

一体須藤に何があったのだろう。俺は少し心配していました。

突然連絡寄越したと思ったら左半身に注意だって?どういう事だろう。その時また携帯が鳴りました。

須藤 「無事か?救急車通ったから不安で」

nextpage

俺 「ああ、何ともないが?にしても悪夢ごときでそんなに心配するとは。そんなに悪い夢だったのか?」

須藤「何だか凄いリアルで怖くて。内容覚えてないのにそれだけ覚えてるのがまた怖くて。まあ今無事だって知って安心したよ。」

俺 「そうか。気をつけておこう。お前も疲れてるなら休めよ?」

その日はそれで通信を終わりました。

nextpage

wallpaper:153

翌日、俺は体育の授業でグラウンドに出ていました。

「蘇王、パス‼」

「おう!…っと!」

俺の手をすり抜けて後ろへ飛んでいったボールを追いかけ、金網の張られたグラウンドの端に走りました。

「…あ、あったあった。」

ボールを拾い上げると、

「…?」

ふと眩暈がして俺はそのまま金網に倒れ込んでしまいました。

nextpage

wallpaper:206

目を覚ますと、そこは保健室でした。

「蘇王、大丈夫か?」

数人の友人が声をかけてきました。

「ん、ああ…。…痛‼」

起き上がろうとすると、左脚に激痛が走ります。

「あ、まだあまり動かない方がいいよ。血が止まってないから。」

保健の先生が消毒液を持って来ました。

nextpage

「蘇王、お前急に倒れたりしてどうしたんだ?」

友人の一人が声をかけてきます。

「うーん…。俺も良く覚えてないんだよな。急に眩暈がして、力が抜けて…痛って‼せ、先生!急に消毒液かけないでください!」

「男ならそれ位我慢する!」

先生は足の怪我とその他諸々の治療を終えると、言いました。

「でも良かったねー、もう少し深くいってたら筋に傷がついてたかも。」

nextpage

wallpaper:154

それを聞いて、俺は戦慄しました。

須藤からのメールを思い出していたのです。

「左半身に気をつけてくれ」

メールの一文が俺の脳裏にフラッシュバックします。

俺は帰宅して直ぐ、須藤にその事を連絡しました。

須藤「やっぱなんかあったか…。警告曖昧でごめんな。でも筋いかなくて良かった。」

俺 「いや、ありがとう。お前の警告のお陰で大事にならなくて済んだのかもしれないし。」

nextpage

メールを終えて、俺はふと思い出しました。

music:5

倒れた時、頭を誰かに支えられた気がする。

しかも支えられた時、何かの匂いがしたな。

…そうだ、爺ちゃんの整髪料みたいな匂いだ。でも、爺ちゃんは元気だし、幽霊とかじゃないよな?

nextpage

念の為須藤に整髪料の事を聞きましたが、それについては全く知らないようでした。

じゃあ、その時俺は一体誰に助けられていたのでしょう?…まあ、助かったからオッケー、結果オーライなんですが。

須藤に、あの時支えてくれた「誰か」に、感謝ですね。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5870
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ