中編2
  • 表示切替
  • 使い方

スカート

友人に聞いた話。

wallpaper:42

その日は朝から雨だった。大学に向かって歩いていた友人は、傘を差しながら結構な勾配の坂を上っていた。

朝早い住宅街は人影もなく、周りにはサアアアという雨の音が静かに延々と続いていた。

ふと顔を上げると、前方の5メートルぐらい前を女性が歩いていた。

wallpaper:87

差している赤い傘にさえぎられ後姿はほとんど見えないが、20代、ひょっとすると10代の少女かもしれなかったという。

しかし友人にとってそのことよりも目を引いたのが、女性の足から腰にかけてだった。つまり、その、、、女性のスカートがやけに短かったのである。

目の前をひらひらと舞うスカートの裾に、いけないとわかりつつもつい視線がスカートに、つまり女性のお尻の辺りに行ってしまう。

と、ふいに視線の先に真っ赤な傘が飛び込んできた。

女性が傘で友人の視線を遮ったのだ。

(やべえ、気付かれた)

慌てて友人は視線を上に上げた。

ここで友人はなんともいえない違和感を覚えたという。

女性は傘を下に下げた。つまり視線を上げた友人の視界には当然、女性の頭部なり、後姿なりが見えるはずだ。が、視線の先には上り坂の先があるばかり。

傘から上の女性が完全に消えているのだ。

(あ、あれ?)

疑問に思うまもなく、赤い傘はそのままくるくると回りながら下に下がり続け、ついに地面に到達した。と、そのまま地面に吸い込まれるように消えてしまったという。

後には女性も傘も何もなく、ただ雨の降りしきる上り坂が続くばかりだった。

wallpaper:97

何が起きたのか理解できず、友人はその場に佇んだ。雨のサアアアアアという音だけが友人を包み込んでいた。

と、その彼の耳元で、ふいに女性の声で

wallpaper:79

「ウフ、フウフフフフ、アハハハッハハハッハハハハハハ」

という女性の笑い声が響き渡った。

wallpaper:97

「うわあ!」

慌てて周りを見渡したが、後ろにも前にも、人っ子一人見当たらなかった。

友人は恐怖心に襲われ、後ろも見ずに坂を駆け下りると、違うルートで大学に向かったという。

以後、その道は1人きりのときは通らなかったそうだ。

nextpage

wallpaper:43

なかなか体験した本人でないと伝わりにくい恐怖体験だが、自分はこの話をした友人を、「怪異におちょくられた男」というレアケースとして、興味深くコレクションに加えている。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8060
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ